海外WiFiレンタル比較の決定版!本当におすすめのサービスとは?

国外でつかうワイファイを借りる場合の比較方法を紹介

海外旅行の通信に必須の海外WiFiレンタルを皆さんはどのような基準で選んでいますか?

広告にある値段や海外WiFiのスペックなどを比較して海外WiFiをレンタルする方がほとんどかと思いますが、おすすめの選び方は受け取りや予約の手間などを比較する事です。

そうすることで、無駄な費用を抑え、便利にお手軽に海外WiFiレンタルサービスを利用することができることを皆さんはご存知でしたか?

今回はそんな海外WiFiレンタルを比較しながら、端末や料金プランなどを確認し、おすすめの海外WiFiレンタルサービスを紹介していきます。

皆さんが海外WiFiレンタルを比較する際に重視しているポイントを踏まえて是非ご参照ください!

比較の前に!海外WiFiルーターレンタルの種類やサービス内容を知ろう


海外旅行に行くために海外でもインターネットを利用したいと考えた際に、海外WiFiレンタルサービスが候補にあがると思います。

この場合、どのプランや海外WiFiレンタルサービスがいいのかと迷って比較するという人も多いのではないのでしょうか。

海外WiFiレンタルを利用する前に、まずは海外WiFiの種類を知り、どの機能を優先させるかを比較しなければなりません。

「1カ国向け、」「周遊向け」「速度別」の種類がある

海外WiFiレンタルサービスで借りる機種は、持ち運びができる無線タイプのモバイルWiFiルーターです。

モバイルWiFiルーターは、機種やルーターの性能によって利用できるデータ容量・通信速度・連続接続可能台数・連続説時間などが異なります。

また、海外WiFiレンタルには、同じ海外旅行でも1ヶ国にしか旅行しない人向けのプランや、複数国をまたいで旅行する人向けの周遊向けプラン、長期滞在の方向けプランなども用意されています。

通常、国ごとにモバイルWiFiルーターの機種は異なるため、基本的には1国の海外旅行につき1台レンタルするという使い方がほとんどですが、最近の海外WiFiレンタルでは、1台で複数ヶ国をカバーできる機種が誕生し、周遊プランが提供可能になりました。

したがって、海外WiFiレンタルサービスで利用できる機種の通信速度やデータ容量プランなどは比較しておきたいポイントです。

特に海外という未開の地を訪れる以上、日本と比較しても地図アプリやSNSを使うことが予想されるため、日常より少し多めにデータ容量を使うことを想定しておくことをおすすめします。

おすすめポイント

モバイルWiFiの性能およびデータ容量などは比較して選ぶことがおすすめ

モバイル端末は空港で受取・返却可能

グローバルに展開している海外WiFiレンタルは、モバイルWiFiルーターを空港の専用カウンターや返却ボックスで受取り・返却が可能な場合も多いです。

空港でモバイルWiFiルーターを借りることができれば、急に海外WiFiレンタルが必要になった場合も安心でおすすめ

また、モバイルWiFiルーターも空港で返却できれば、返却し忘れるリスクも抑えられます。

WiFiレンタルは、期限までに返却できなければ延滞料金が発生してしまうので、帰国と同時にそのまま空港で返却できるのは魅力。

ただし、急に海外WiFiレンタルを利用したいと思っても希望する機種の在庫がない場合も考えられるため、事前にWEBから申し込みを済ませておくことがおすすめです。

おすすめポイント

モバイルWiFiルーターは空港で受取り・返却可能な海外WiFiレンタルが便利でおすすめ

※現在は空港での受け取りを休止しています

徹底比較!海外ワイファイのおすすめは料金の総額で判断するのがポイント


海外WiFiレンタルをオトクに利用するためには、各WiFiレンタル業者の料金プランを比較することが大切。

そこで、今回は比較として、A社・B社・MobilePeaceという3社の中でハワイで3日間使うと仮定した上で比較してみました。

なお、MobilePeaceは1日500MBの速度制限があるため、それぞれA社B社も容量は500MBのプランを前提として比較しています。

海外WiFiレンタルの保証プランで比較

まず海外WiFiレンタルの基本料金ですが、A社は3,150円、B社は2,940円、MobilePeaceは2,940円。

基本料金だけを比較すると、MobilePeaceは海外WiFiレンタルの中では比較的安いほうですが、圧倒的な安さではありません。

しかし、海外WiFiレンタルを比較する上で重要なことは、基本料金だけではなくオプション料金も含めて検討することです。

海外WiFiレンタルのオプションサービスは、主にモバイルWiFiルーターの盗難や紛失、破損に備えた保証サービスや、海外で困った際に電話通訳、モバイルバッテリーのレンタルなどがあります。

A社の場合には、破損紛失盗難に備えた自己負担額が15%で済むオプション料金が1日あたり1番安い保証プランでは330円、B社では自己負担額が20%で済む保証プランが最安で、A社と同じ1日あたり220円がかかります。

いっぽう、MobilePeaceの場合には、1日30円での保証サービスプランが存在し、充実した保証プランでも1日あたり50円という格安料金で利用可能です。

端末を紛失した際には補償として50%の自己負担額がかかりますが、オプションを含めた総額で比較すると海外WiFiレンタルの中ではMobilePeaceがお得な料金で利用できることが分かります。

通信速度が高速な海外WiFiレンタルほど口コミの評判・満足度が高い

海外WiFiレンタルしても、通信速度が遅いと不満になってしまいますよね。

ではオプションプランと同じように、A社・B社・MobilePeaceの通史速度を比較してみると、各社ともクラウドSIMを利用した海外WiFiレンタルとなっているため、速度制限にかからない限りは各地の高速WIFiと接続することが可能です。

つまり、この場合は、どの海外WiFiレンタルでも一定の品質が約束されていることが理解できます。

キャンペーン特典は見逃さない

海外WiFiレンタルは、契約者数を伸ばすため、各社競い合うようにキャンペーン特典を期間限定で設けてアピールしています。

タイミングが合えば、お得に海外WiFiレンタルが利用できる可能性が非常に高くなるので利用するに越したことはありません。

海外旅行や出張が事前に決まっている場合は、各社のキャンペーン情報も定期的にチェックしておくことをおすすめします。

おすすめ比較!WiFiレンタルなら人気の高いMobilePeace!


海外旅行の中でも複数の国や場所に行く可能性があるのであれば、おすすめなのはクラウドSIMに対応している海外WiFiをレンタルできる業者です。

その中でも特におすすめなのがMobilePeaceです。

クラウドSIMを扱う海外WiFiレンタル業者と比較した場合、MobilePeaceの基本料金が非常に安いということはありませんが、1日980円で500MBの大容量が利用できるという点はおすすめ。

しかも、モバイルバッテリーも1日あたり30円でレンタル可能です。

その上、万が一海外にいる期間が伸びてしまってもWEB上から延長申請ができるため、延滞料金を心配することなく海外WiFiレンタルを利用できる点もおすすめポイントとなります。

また、MobilePeaceは91ヶ国でWiFiを利用できるクラウドSIMを利用している海外WiFiレンタルサービスなので、多くの人にとって選択肢になるはずです。

受取場所も自宅・空港・オフィスなど指定した住所まで届けてくれるので、いつでも・どこでも必要な時に利用できる点が人気の理由となっています。

MobilePeaceならWEBでカンタン申し込み!


MobilePeaceは他のサービスと比較しても特に簡単に申し込むことができる海外WiFiのレンタルサービスです。

受付時間内に申し込めば最短翌日にモバイルWiFiルーターを発送可能なので、 急に海外WiFiレンタルが利用したい人にもおすすめ。

申し込み方法は、事前に揃えておきたい情報は海外WiFiのレンタル期間を決めるだけです。

他の海外WiFiレンタルと比較すると、レンタル期間の捉え方が違う場合もあるので返却期限も含めて契約前にしっかり確認しておきましょう。

ちなみにMobilePeaceのレンタル期間はモバイルWiFiルーターを受け取ったその日からレンタルがスタートします。

レンタル期間が決まったら、後はオプションの必要性を見極めながら選択。

選べるオプションとして、1日30円・50円から選べるWiFi端末の保証サービスとモバイルバッテリーがあります。

モバイルバッテリーが1日30円でレンタルできるのもおすすめ!

そして、海外の国名を選び、モバイルWiFiルーターの受取場所を決定して個人情報を入力するだけです!

このように他の海外WiFiレンタルサービスと比較してもカンタンな手続きでスムーズなのでおすすめ。

あとは、海外WiFiのレンタル期間初日に指定した場所で端末を受け取るだけで、海外での快適なネット通信が開始できます!