速度・料金で比較!最新の固定回線【Fon光】のおすすめポイント

最新のおすすめ固定回線は新サービスのFon光!

自宅でインターネットを利用する場合は固定回線の契約を行いますが、回線やプロバイダの種類が多く、どこがおすすめなのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、自宅の環境や用途に合わせたおすすめの固定回線選びについて解説しています。

また2020年9月に登場した最新の固定回線「Fon光」の料金や速度などもまとめているので、回線選びでお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

固定回線の選び方

固定回線には「光回線」と「ADSL」の大きく2種類があり、現在主流となっている固定回線は「光回線」です。

まずは、光回線の仕組みと、固定回線業者を選ぶときのポイントについて詳しく見ていきましょう。

固定回線(光回線)とは

光回線とは、光ファイバー網と呼ばれるケーブルを利用したインターネット回線のことです。

自宅へ直接回線を引き込んで利用するため、ホームルーターやモバイルルーターなどの無線回線と比較して通信速度が速いというのがおすすめポイントです。

光回線の種類は、更に以下の3種類に分けられます。

光回線の種類概要サービス例
光コラボレーションNTTの光回線を利用したサービスドコモ光・ソフトバンク光・OCN光 など
電力会社系列の光回線電力会社が提供するサービスコミュファ光・eo光・ピカラ光 など
その他の独自回線独自の光回線を持つサービスauひかり・NURO光 など

2015年頃までは、光回線を提供する事業者(NTT)と、ネット接続を行うプロバイダのそれぞれで契約が必要でしたが、現在はセットで契約できる場合がほとんど。

そのため契約の流れに大きな違いはありませんが、サービスによって対応エリアや料金・速度に違いが出てくるので、契約の際はしっかり比較・検討することをおすすめします。

固定回線を契約するときの比較ポイント

固定回線を契約する際は、以下のポイントで各サービスを比較してみましょう。

固定回線の速度

固定回線の種類によって異なるポイントとして、通信速度の速さが挙げられます。

通信速度には上り(アップロード)・下り(ダウンロード)があり、それぞれ数値が大きいほど通信速度が速いことを意味しています。

動画を見たり、オンラインゲームをプレイしたりする際に影響するのは下りの速度となるため、サービスを選ぶ際は下りの速度で比較するのがおすすめです。

主要な固定回線の最大通信速度は以下の通り。

NURO光2Gbps
ドコモ光1Gbps
ソフトバンク光1Gbps
auひかり1Gbps

光コラボ系列やauひかりなど多くの固定回線が1Gbpsであるのに対し、NURO光は最大2Gbpsとなっています。

自宅でのネット利用頻度が高い方や、大容量のデータを送受信するような方など、速度重視でサービスを選ぶ場合はNURO光系列の固定回線がおすすめと言えるでしょう。

初期費用・月額料金

固定回線を新たに契約する場合、回線の引き込みにかかる工事費用や事務手数料といった初期費用が発生します。

なるべく安い料金で抑えたい方は、工事費用が実質無料になるキャンペーンなどを実施しているサービスがおすすめ。

また固定回線の月額料金の相場は、戸建ての場合で5,000円~6,000円、マンションの場合で4,000円~5,000円程度です。

キャッシュバックなどのキャンペーンで料金に差が出ることもありますが、基本的に戸建ての方がマンション用プランよりも1,000円ほど高くなります。

固定回線は契約期間が2年~3年にわたるケースが多いため、キャンペーンによる一時的な割引よりも、年間で支払う料金の合計で比較することが大切です。

スマホとのセット割引

多くの固定回線では、利用しているスマホと提携するサービスで契約を行うことにより、追加の割引が受けられるようになっています。

1台あたりの割引額は500円~1,000円程度ですが、契約台数分の割引が適用されるため、家族で同じキャリアを利用している場合におすすめです。

各キャリアと提携している固定回線は以下の通りです。

ドコモドコモ光
auauひかり・BIGLOBE光・So-net光・@nifty光・コミュファ光・eo光 など
ソフトバンクソフトバンク光・NURO光
楽天モバイル楽天ひかり

※割引額はサービスやプランによって異なるので、各社のWEBサイトをご確認ください。

速度・料金で固定回線を選ぶなら【Fon光】がおすすめ

2020年9月、NURO光系列の固定回線(OEM回線)として新たに「Fon光」というサービスが登場しました。

Fon光は「フォン・ジャパン株式会社」が提供する固定回線のサービスで、NURO光を使った高速通信と、お得な料金プランが特徴です。

ここからは、Fon光の特徴とおすすめポイントについて詳しく見ていきましょう。

工事費用が実質無料!Fon光の料金

Fon光の月額料金は戸建て・マンション共に3,980円(税抜)で、マンションに関しては平均的な金額であるものの、戸建ての料金としては業界最安値クラスです。

またNURO光や、NURO光系列の他の固定回線と比較しても、Fon光は月額料金が最安値となっています。

NURO光4,743円
Fon光3,980円
WUU!光4,700円
光マッハ4,720円
ファミリーギガ4,743円
Swift光4,980円
エナジー光4,980円
Cひかり4,980円

回線の提供を行うNURO光と比較しても、Fon光の方が月々760円ほどお得となるため、月額料金を安く抑えたい方にはFon光がおすすめです。

Fon光の通信速度

Fon光はNURO光の回線を利用しているため、通信速度はNURO光と同様最大2Gbpsとなります。

光コラボ系列の固定回線と比較して通信速度が速く、また独自回線のためアクセス過多による速度低下が起こりにくいという点もおすすめポイント。

動画やオンラインゲームを楽しみたい方、またテレワーク・在宅勤務で日常的にZoomやSkypeなどを利用する方におすすめです。

Fon光の対応エリア

Fon光の対応エリアは以下の通り。

  • 北海道
  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)
  • 東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
  • 関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)
  • 九州(福岡・佐賀)

NTTのように全国対応ではないため注意が必要ですが、上記エリアに該当する場合はFon光を検討してみると良いでしょう。(※上記エリア内でも一部対象外地域アリ)

自宅がFon光に対応しているか分からないという場合は、コチラ(https://fon-hikari.net/area)からエリア検索をかけて確認しましょう。

Fon光はオプション契約もおすすめ

Fon光では、以下のセットオプションを提供しています。

オプション概要料金
NURO光でんわ固定電話サービス月額330円~550円(エリアで異なる)
ひかりTV for NURO動画配信サービス月額1,100円~3,850円
まとめてでんきNUROでんきとのセット割引Fon光の月額料金が550円割引
リモートサポート電話・遠隔サポート月額550円
カスペルスキーセキュリティセキュリティソフト(最大5台)月額550円

Fon光ではNURO光で利用できるオプションのほとんどに対応しており、他社と比較しても充実度は高いと言えます。

特に「まとめてでんき」はFon光の利用料金を安くできるおすすめのオプションなので、電力会社の切り替えを検討中の方は、合わせてチェックしてみると良いでしょう。

利用上の注意点

Fon光はお得な料金でインターネットを使えるおすすめの固定回線ですが、途中で解約する場合はいくつかの注意点があります。

まず、Fon光は2年契約となっており、更新月以外で解約すると19,800円(税抜)の違約金が発生します。

他社と比較して違約金がやや高めに設定されているので、解約するタイミングには注意しましょう。

またFon光では、契約時にかかる工事費用が「実質無料」となっています。

これは、工事費用の44,000円(1,466円×30ヶ月の分割払い)に対して、同額の割引を同期間で行うというもので、30ヶ月間契約を継続することで全ての費用が相殺される仕組みです。

そのため、30ヶ月以内にFon光を解約した場合、工事費用の残債を一括で支払わなければなりません。

例えば2年目の更新月で解約した場合、違約金はかかりませんが、6ヶ月分の工事費用残債として約8,800円の支払いが必要になります。

違約金・工事費用を一切支払わずに解約するには、4年目以降の更新月まで待つ必要がある点を理解しておきましょう。

テレワークの方には【Fon光】×【縛りなしWiFi】のセットプランもおすすめ

テレワークの方や出張・移動の多い方には、Fon光とセットで契約できる「縛りなしWiFi」もおすすめです。

最後に、縛りなしWiFiの概要と、Fon光とセット契約した場合の料金について詳しく見ていきましょう。

縛りなしWiFiとは

縛りなしWiFiとは、Fon光を提供する「フォン・ジャパン株式会社」が展開しているモバイルルーターのレンタルサービスのことです。

申し込みから数日で手元に届き、工事不要でそのまま使えるのがモバイルルーターのおすすめポイント。

自宅には固定回線で安定したインターネット環境を用意しつつ、外出時もインターネットを使いたいという方におすすめです。

Fon光とのセット割料金

縛りなしWiFiの端末プランごとの料金は以下の通り。

プラン縛りなし20GBプラン縛りなし50GBプラン縛っちゃう20GBプラン縛っちゃう50GBプラン
帯域制限20GB/月50GB/月20GB/月50GB/月
通常料金3,000円(税抜)3,250円(税抜)2,600円(税抜)2,750円(税抜)
割引料金2,180円(税抜)2,480円(税抜)1,880円(税抜)2,180円(税抜)

この他、初回契約時に3,000円(税抜)の事務手数料がかかります。

縛っちゃう20GBプランとのセット契約であれば、月々5,860円(3,980円+1,880円)で固定回線とモバイルルーターの両方を利用できることになります。

縛りなしWiFiではソフトバンクのポケットWiFi(801ZT/601HW/FS030W)を中心に取り扱っており、ルーター端末のスペックも十分です。

また固定回線の開通にはある程度の時間がかかりますが、縛りなしWiFiと同時契約であれば先にモバイルルーターでネット利用を開始することができます。

急なテレワークへの切り替えなどで、固定回線の準備が間に合わないという場合は、縛りなしWiFiとのセットプランがおすすめです。

まとめ

✓チェック
  • 固定回線を契約する際は、回線速度やトータルの料金などでサービスを比較することが大切
  • 高速通信とお得な料金プランを兼ね備えた新しい固定回線「Fon光」がおすすめ
  • 固定回線と合わせてモバイルルーターも利用したい場合は、Fon光×縛りなしWiFiのプランがおすすめ

固定回線は2年以上の長期にわたって契約するのが基本となるため、速度などの快適性と料金をしっかり比較して検討するようにしましょう。

Fon光は、「速度を重視したいけど、料金も安く抑えたい」という方におすすめの固定回線です。

オプションなども充実しているので、回線選びで迷っている方はぜひチェックしてみてくださいね。