3Gと4Gの違いって?速度や料金から国内や海外のWiFiを紐解こう!

LTEや3Gとの違いを紹介し、スピード、価格から比較

3G回線4G回線

日本国内のWiFiや海外WiFiを利用したことのある方なら耳にしたことのあるこの言葉ですが、一体この二つの回線にはどのような違いがあるかを皆さんはご存知でしょうか?

実は4G回線は3G回線と比較して約5倍の通信速度でWiFiを利用することができ、特に海外WiFiを使っているとその使い勝手は一目瞭然。

そんな4G回線と3G回線ですが、実は4G回線には3G回線にない特性があり、使い方を誤れば3G回線より通信速度が遅くなってしまったりと、それぞれの特性を理解することがポケットWiFi攻略のカギとなるのです。

ただし、現在日本国内のスマホやポケットWiFiの通信では4G回線が主流となっており、3Gを聞くことがあるとすると海外の場合です。

そこで!今回は主に海外WiFiの4G回線と3G回線にそれぞれどんな違いがあるのかに焦点をあて、日本の4Gと3Gの違いについてもご紹介していきます。

また、ポケットWiFiの効率的な使い方を解説していきますので、海外WiFi初心者の方もぜひ参考にしてみてくださいね!

シンプルな違いはずばり!料金と速度が異なる3Gと4G

日々、ポケットWiFiやスマホを利用している時などに左上などにある「LTE」と書かれているものがありますよね。

日本国内や海外WiFi問わず、通信機器をよく利用している方であれば必ず耳にしたことがある「3G回線」と「4G回線」には一体どんな違いがあるのでしょうか?

それはズバリ!圧倒的な通信速度の違いです。

4G回線は3G回線と比較すると約5倍も速いスピードで通信が可能になります。

しかし、圧倒的な通信速度を誇る4G回線ですが、壁が厚い建物の中やコンクリートなどの通信が遮られるものがある場合にはスムーズに通信が行えないという難点があります。

その点、3G回線は比較的どこでも通信を利用することができますが、3G回線は国によってかなり通信速度に差があり通信機器は適材適所。

日本ではほとんどのエリアで4Gが快適に利用できますが、特に海外WiFiを利用する際は4G回線が使えず3G回線の利用に限られてしまう場合があります。

ですが、3Gでも速さで劣ってしまうものの通信が安定していて使い勝手のよい端末を利用することが重要となります。

✓ポイント

・日本では3Gではなく4Gが主流
・速さで選ぶなら圧倒的に4G回線がおすすめ!
・3G回線は通信が安定する。海外での利用の場合は端末の選び方に注意

それではそんな4G回線の海外WiFiを利用するときには、料金の差はどのようなものになるのでしょうか?

実は、海外WiFiの料金にほとんど差はなく、3G回線と4G回線には200〜300円ほどしか変化がありません。

海外WiFiには速度にこれだけの差があるのにも関わらず、料金ではこの差しかないのでは使わない手はありませんね。

海外WiFi情報!クラウドSIMが海外WiFiを変える?各地の最速WiFi利用について


海外に訪れた際の空港や都市部などでとても通信状況がよく、「この国はとてもWiFiが使いやすい!」と思ったのもつかの間、移動の途中にどんどん通信速度が落ちていくことが多々あります。

その原因は移動中に海外WiFiの通信拠点からどんどん遠ざかって行ってしまうから

実は、ほとんどの海外WiFiは3Gや4GLTEに関係なく、通信拠点から離れれば離れるほど通信速度が落ちて行ってしまうのです。

多くの海外WiFiは、挿入されているSIMカードの通信拠点が訪れた国に数ヶ所しかないために、場所によってムラのある通信になってしまいます。

訪れる観光地で通信状況にムラがあってしまっては、海外WiFiが原因でせっかくの旅行の計画が変わり元も子もない状況に…

こういった自体を避けるためにも、使い勝手の良いレンタルサービスを利用するのがおすすめです。

おすすめのポケットWiFiレンタルサービスとは?

どこでレンタルしたら良いかよくわからないという方は、海外/国内含め、ぜひMobilePeaceのポケットWiFiをご検討ください!

なぜなら、MobilePeaceのレンタルサービスは、国内WiFi、海外WiFiそれぞれについて、以下の特徴があるからです。

海外ポケットWiFiレンタル

  • MobilePeaceの海外WiFiは挿入されているSIMカードの通信拠点が、世界各地にありムラのない通信を実現することができる
  • MobilePeaceの海外WiFiは対応国の90ヶ国。多くの国でも3G回線と4GLTEの両方を快適に利用することができる

国内ポケットWiFiレンタル

  • 4G高速のWiMAXや大手複数キャリアの端末から選べるため、使用環境に適した快適なポケットWiFiを選べる
  • レンタル期間に応じて安くなる割引料金プラン。3Gであれば最安で¥130/日からレンタルができる

3G回線や4GLTEなどの回線は適材適所。

3G回線と4GLTEの両方を利用し、3Gや4GLTEのそれぞれの特性を活かした使い方ができるため、屋内の観光が多い場合は3G回線を利用したり4GLTEが使えない時には3G回線に交代したりすることができます。

用途別!3Gがおすすめな場合とは?

海外WiFiの中でも4GLTEは、3G回線と比較しても5倍の速さで通信を利用することができますが、値段や通信領域などを考えて3G回線を選ぶことも回線選びの方法のひとつです。

3G回線は確かに、4GLTEと比較して通信速度は速いものではありません。

しかし、3G回線の海外WiFiは4GLTEと比べて広範囲で利用ができ、屋内の観光が多い海外WiFiには3G回線は最適と言えるでしょう。

通信の面で見ても3G回線は4GLTEと比べて、画像や動画が添付されたメールを開くことは難しくなりますが、テキストデータのみのメッセージのやり取りや、少しの間だけ地図機能を利用するには3G回線でも申し分なく使うことができます。

それでもやはり動画を見たり、画像や動画の多いSNSの利用や迅速な対応が必要となる仕事のメールなどには、3G回線の海外WiFiはあまり適応していないため、海外出張や仕事で海外WiFiを使う際には4GLTEも使用することができる高速海外WiFiをおすすめします。

✓ポイント

・3G回線/4G回線の選定は具体的な用途に応じて決めるのがベスト!

それでは最後に安定して高速通信が利用できるお得な海外WiFiのレンタルサービス「MobilePeace」について、詳しく見ていきたいと思います。

海外で安定した通信の利用を第一にお考えの方はお得なお得な料金設定のMobilePeaceのレンタルサービスをぜひ参考にしてみてくださいね!

速度や途切れるのが不安な方へ。高速海外WiFiならMobilePeace

MobilePeaceの海外WiFiでは、3G回線だけでなく4GLTE回線が利用でき、1日500MBまで利用できる大容量海外WiFiを一日一律の定額の980円でレンタルすることができます!

具体的に他のレンタルサービス会社と比べてみたのが以下の比較表です。

また、Mobile-Peaceの海外WiFiは1日500MBが利用できることに加えて、現地の公共WiFiも利用することでよりお得に海外WiFiを利用することが可能になります。

さらにMobilePeaceのレンタル海外WiFiは、国が変わっても対応国各地の高速回線を利用できるクラウドSIMが利用できるため、訪れた国でムラのない高速通信を利用することが可能で、ヨーロッパや東南アジアを周遊しようと考えている方にとっても非常に便利です。

もちろん3G回線以外にも4GLTE回線も対応していますが、屋内の観光が中心となる観光の場合は4GLTEの高速通信が使いにくいことも。

そんな時でも屋内通信に強い3G回線を使うことができるため、すぐに3G回線に切り替え、どこでも快適に3G回線の通信が可能になりますので、4GLTE回線も3G回線も即座に使い分け、とても便利な海外WiFiで旅行を楽しんでください。

いかがでしたでしょうか?

容量無制限の海外WiFiよりもお得に効率よく使えるMobilePeaceの大容量海外WiFiは3G回線や4G回線も使うことができるため海外旅行にうってつけ。

安くて大容量の通信ができる海外WiFiを使って楽しい旅行を実現するためにもMobilePeaceはとてもおすすめです。

まずは簡単なお見積りから始められるので、以下のページも参考にしてみてください!

国内WiFiレンタル