WiFiレンタルを関西国際空港(関空)で受け取るには?おすすめサービス紹介

空港は返却も便利!関空でWiFiレンタルを利用する方法

旅行や出張でモバイルWiFiルーターをレンタルする際、空港で直接受け取ることができたら便利ですよね。

最近は空港にカウンターが設置されていない場合でも、空港を配送先に指定してルーターを受け取ることができるサービスが登場しています。

ここでは、関西国際空港(関空)でWiFiレンタルした端末を受け取る方法と、空港でWiFiの受け取りを行うメリットについて解説しています。

関空での受け取りが可能なおすすめWiFiレンタルサービスも紹介しているので、関空を経由して旅行や出張をする予定のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

関空でWiFiレンタルの端末を受け取る方法

関空でWiFiルーターを受け取るには、どのように申し込みを行えば良いのでしょうか。

まずは、WiFiのレンタル方法と関空で受け取りを行う場合の注意点について詳しく見ていきましょう。

WiFiレンタルの受取から返却まで

WiFiルーターをレンタルして関空で受け取りを行う場合の手順は以下の通りです。

  1. 関空を指定したうえでWEBページから予約
  2. 関空内の指定場所でWiFi端末の受け取り
  3. ポスト投函にて返却

WiFiレンタルサービスはネットで申し込みを行うのが一般的です。

直接空港カウンターに出向いて手続きすることも可能ですが、在庫によっては希望する端末が利用できないケースもあるので注意しましょう。

WiFiレンタル終了後は返却用の封筒に端末を入れ、最寄りのポストに投函して返却を行います。

ポストは関空内にも設置されており、旅行帰りにすぐ返却ができるため時間のとれない方にも便利です。

空港カウンターのあるターミナル位置に注意

関空では以下の場所にWiFiレンタルのカウンターが設置されています。

  • 第1ターミナルビル
  • 第1ターミナルビル・空港駅
  • 第2ターミナルビル

それぞれ設置されているWiFiサービスが異なるため、自分がどのサービスを申し込んでいるのかを確認してから出向くようにしましょう。

また空港内にカウンターのないサービスの場合は、関空内の郵便局に端末が配送されています。

この場合は郵便局の窓口で受け取りが必要となるので、間違えないように注意が必要です。

配送が必要な場合は日にちに余裕を

関空内の各サービスカウンターでは、WiFiの当日レンタルが可能な場合もあります。

ただし当日レンタルの場合、利用できる端末はカウンターに在庫があるものに限られるため、人気の機種は在庫切れの可能性も考えられます。

またカウンターが設置されているサービスは海外利用向けのものが多く、国内利用の場合は事前申し込みが必要となるケースがほとんど。

そのため、関空でレンタルしたWiFiを受け取る場合は、あらかじめWEBから予約しておくのがおすすめです。

店舗から空港への配送期間を考慮し、4日以上前もって予約しておくとスムーズです。

✓ポイント

関空でWiFiレンタルの端末を受け取る際は、受取場所と配送期間に注意

空港で端末を受け取るメリット

関空でWiFiレンタルの端末受け取りを行うことで、効率良くWiFiサービスを活用することができます。

続いて、WiFiレンタルの端末を空港受け取りにするメリットについて詳しく見ていきましょう。

空港に到着後すぐに利用できる

関空内では無料でWiFiを使えるエリアも多く、ちょっと立ち寄る程度であればルーターを持っていなくても特に問題はないでしょう。

しかし、無料のWiFiは誰でも利用できるため、混雑時は思うように通信が行えない可能性も。

待ち時間を使って仕事を進めたいといった場合は、専用のモバイルWiFiルーターを持っていた方が安心です。

また関空に到着した時点でWiFiレンタルを予約しておけば、関空から電車や車で移動する際もWiFiを利用することが可能です。

一時帰国などで海外製のスマホを持ち込んでいる場合、WiFiのない環境で通信を行うと通常よりも高額な費用がかかるケースがあります。

このようなトラブルを防ぐためにも、関空に到着後すぐにルーターをレンタルできるようにしておくのがおすすめです。

店舗までの移動を省ける

最近は東京などの都心部を中心に、店舗でWiFiレンタルが行えるサービスも増えてきています。

店舗に在庫がある場合は当日のレンタルも可能なため、急きょWiFiルーターが必要になった際に便利です。

とは言え、WiFiレンタルができる店舗の数はまだ少なく、店舗までの移動に時間がかかってしまう可能性もあるでしょう。

一方空港受け取りであれば、関空から外に出ることなくWiFiレンタルの手続きが完了できます

店舗まで移動する手間や時間を省くことができるため、関空を経由する際は空港受け取りにしておくことをおすすめします。

✓ポイント

関空でWiFiレンタルを利用するメリットは①到着後すぐに利用できる、②手間や時間の節約の2つ

関空への配送も可能!おすすめWiFiレンタルサービス

関空など主要空港での受け取りが可能なサービスの中でもおすすめなのが「mobile-peace」。

最後に、mobile-peaceの利用料金と指定できる空港の一覧について詳しく見ていきましょう。

mobile-peaceの特徴と料金

mobile-peaceは比較的新しいWiFiレンタルサービスで、料金の安さと対応の早さから注目を集めています。

主にWiMAXとソフトバンクのポケットWiFiレンタルを扱っており、平日16時までの申し込みで即日発送が可能です。

mobile-peaceの取り扱い端末と期間別の利用料金は以下の通り。

Speed Wi-Fi NEXT W04Speed Wi-Fi NEXT W05Softbank 601HWSoftbank 801ZTSoftbank MF98NSoftbank E5383
帯域制限無制限/月・10GB/3日無制限/月・10GB/3日50GB/月60GB/月・2GB/日7GB/月無制限/月・3GB/3日
1日765円/日(税込)865円/日(税込)710円/日(税込)1,050円/日(税込)510円/日(税込)560円/日(税込)
7日650円/日(税込)750円/日(税込)610円/日(税込)413円/日(税込)435円/日(税込)480円/日(税込)
14日490円/日(税込)590円/日(税込)460円/日(税込)268円/日(税込)290円/日(税込)320円/日(税込)
30日290円/日(税込)390円/日(税込)275円/日(税込)180円/日(税込)170円/日(税込)180円/日(税込)
90日270円/日(税込)370円/日(税込)255円/日(税込)158円/日(税込)155円/日(税込)170円/日(税込)
180日255円/日(税込)355円/日(税込)235円/日(税込)141円/日(税込)135円/日(税込)150円/日(税込)

※横スクロールで表全体が確認できます

この他、海外利用向けのWiFiレンタルも受け付けており、1日あたり980円という安い料金で利用することができます。

海外向け端末は以下をはじめとする100か国以上に対応しているので、海外旅行でWiFiレンタルを検討している方にもおすすめです。

アジア韓国・中国・台湾・香港・ベトナム・タイ・シンガポール など
北米・南米ハワイ・グアム・カナダ・メキシコ・ブラジル・チリ など
ヨーロッパスペイン・イタリア・ベルギー・フランス・スイス・イギリス など
オセアニアオーストラリア・ニュージーランド・グアム など
アフリカエジプト・ガーナ・モロッコ・ケニア など

受け取り先に指定できる空港

mobile-peaceでは以下の主要空港を受け取り場所として指定することができます。

受け取り空港所在地受取可能時間
成田国際空港第1ターミナル〒282-8799 千葉県成田市御料牧場1-1 第1ターミナル4F成田国際空港郵便局8:30-20:00/年中無休
成田国際空港第2ターミナル〒282-8799 千葉県成田市古込1-1 第2ターミナル3F成田国際空港郵便局8:30-20:00/年中無休
羽田空港〒144-0041 東京都大田区羽田空港3-3-2 第1旅客ターミナルビル1F9:00-17:00/土日祝:休
関西国際空港〒549-0011 大阪市泉南郡田尻町泉州空港中19:00-17:00/年中無休
新千歳空港〒066-0012 北海道千歳市美々 新千歳空港ターミナルビル2F9:00-17:00/年中無休

関空は年中無休ですが、受け取り窓口の営業時間は17時までとなっているので注意しましょう。

また配送までに4日程度かかるため、余裕を持ってレンタルの申し込みを行うことをおすすめします。

まとめ

✓チェック
  • 関空でWiFiを受け取りたい場合は、予約の時点で関空を指定しておく
  • 空港受け取りにすることで店舗まで出向く時間を省略できるなどのメリットがある
  • 日本国内・海外向けのWiFiレンタルに対応したmobile-peaceがおすすめ

mobile-peaceは長期利用になるほど料金がお得になる「期間割」サービスも実施しています。

安い料金でWiFiをレンタルしたいとお考えの方は、ぜひ一度mobile-peaceをチェックしてみてくださいね。

mobile-peace 国内WiFiレンタル

mobile-peace 海外WiFiレンタル