ココがおすすめ!急な入院時にポケットWiFiレンタルは救世主?

病院でワイファイ、インターネットを使うならレンタルがいい

長期的になるか短期的になるかわからない入院。そんな時に入院先の病院に無料のWiFiがないと家と変わらずにインターネットを使うにはレンタルポケットWiFiが必要になります。

そんなレンタルポケットWiFiですが、入院する際には速度制限を考えてレンタルポケットWiFiを選ばなければならないと言うことを皆さんはご存知でしたか?
もし入院中に速度制限がかかってしまうと思うように通信ができなくなったりと、せっかく用意したレンタルポケットWiFiが勿体無いですよね。

今回はそんな入院した際にレンタルポケットWiFiをどのように選べばよいのかを様々な要因を踏まえてご紹介していきたいと思います。
是非ご参照ください!

病院にWiFiがない!?入院中にポケットWiFiレンタルする理由とは?


都会の病院や大型病院には無線LANがあるところもありますが、基本的には無い病院のほうが多いため、入院中もノートパソコンなどで仕事や暇つぶしのための動画視聴などをしたい場合はポケットWiFiのレンタルがおすすめです。

レンタルのポケットWiFiであればインターネットでレンタルを申し込んで指定の場所に郵送してくれるため(レンタルのポケットWiFiを送るには病院側の許可を取る必要があります)、急な入院時にも対応できるうえに入院した期間だけ借りられるので経済的にも負担が少なく済みます。

無線LANがある病院でも不特定多数が接続するためハッキングなどの危険性が高く、実際にフリーWiFiスポットなどで個人情報の抜き取りが起きるという事例もあるため、仕事で機密情報を扱う場合などは入院中にポケットWiFiをレンタルして利用したほうが安心です。

入院中は特に娯楽が少ないためいつでもインターネットにつなげる環境があるかないかで退屈のしのぎ方が大きくかわりますし、ポケットWiFiをレンタルせずにスマートフォンだけではすぐに速度制限に陥ってしまいます。

入院中では速度面においても不特定多数が利用して、遅くなった無線LANよりもポケットWiFiの方がストレスなく快適にインターネットを楽しめますので、経済的にもお得なポケットWiFiをレンタルしてみてください。

✓ポイント

入院中でも快適にインターネットを利用したい場合は、ポケットWiFiレンタルがおすすめ!

入院中にはポケットWiFiのレンタルではなくスマートフォンだけで過ごしたいと考えている方もいらっしゃるかと思いますので、次項ではスマートフォンだとどれくらいの時間動画を視聴できるのか紹介します。

入院中に速度制限・・・ポケットWiFiレンタルがお助けします。


入院中にスマートフォンを持っているためポケットWiFiをレンタルしなくても大丈夫だと考えている方は多いですが、入院中にスマートフォンでの動画通信にかかるデータ容量は非常に多いため注意が必要です。

例えばYoutubeで動画を視聴した際には1時間で550MBのデータ容量を消費してしまうため、スマートフォンのプランに多い5GBだと約9時間程度で容量制限に到達してしまいます。

9時間だと入院して数日で容量制限に達してしまうことも十分にありえるため、入院中に暇つぶしにYoutubeやNetflixで動画を視聴したいという方ほどポケットWiFiをレンタルしておいた方が良いでしょう。

ポケットWiFiだとレンタルでも月間の通信制限無し、短期間入院でも3日で10GBまで使えるなどとかなり余裕があり、ノートパソコンとスマートフォンの2台を一気に使っても制限がかかることはありません。

ポケットWiFiのレンタルではなくスマートフォンのテザリングを使おうと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、スマートフォンとパソコンではウェブページ1つ当たりのデータ容量も大きく違うためすぐに制限がかかってしまいます。

ポケットWiFiであればレンタル期間にもよりますが1日数百円で利用可能なため、入院時のコストをなるべく下げるためにポケットWiFiをレンタルせずにストレスを感じるよりも、ポケットWiFiをレンタルして入院中でもサクサクとインターネットを利用することを検討してみてください。

✓ポイント

ポケットWiFiレンタルなら、入院の状況に合わせて柔軟に借りる事が可能でお得。

どのポケットWiFiをレンタルすればいいのか知りたいという方のために、次項ではおススメの端末について紹介します。

どれを借りればいいの?おすすめの端末とは?

入院中にポケットWiFiをレンタルするにあたって最も重要になる点は「速度」と「容量」です。ポケットWiFiは様々なキャリアから出ていますが速度面と容量面ではWiMAXの人気機種が使い勝手も良く、入院中もストレスなく使うことができます。

例えば、WiMAXの人気ポケットWiFiであるSpeed Wi-Fi NEXT W05だと下り最大758Mbps(1秒間に最大758MBのダウンロードが可能)の速度を誇っており、容量も月間使用制限無し、短期間の入院中でも3日で10GBと大容量のインターネット通信を利用可能です。

ポケットWiFiのレンタルだと使用条件はキャリアの条件と同じであることが多いため、WiMAXのポケットWiFiを入院中にレンタルしても月間無制限、3日10GBの高速通信をそのまま利用できます。

仮に他社のポケットWiFiだと月間7GBまでの制限があったり、3日で1GBまでしか使えなかったりと制約が強い場合もあるため、短期でも長期でもポケットWiFiをレンタルするならWiMAXが最も適していると覚えておいてください。

入院時でも仕事をしたい、入院中に動画や映画を視聴して暇を潰したいと考えている方はWiMAXの最新ポケットWiFiをレンタルできるレンタルサービスを選択しましょう!

では入院中ではどのレンタルサービスを利用すればポケットWiFiをお得にレンタルできるのか、次項では使い勝手の良いレンタルサービス2種類ご紹介します。

今すぐ借りたい!急に必要になっても安心のMobilePeace

入院中でもMobilePeaceのポケットWiFiレンタルサービスであれば、WiMAXの人気ポケットWiFiを即日発送でレンタルすることができます。

(※16時までの注文で最短翌日到着。東京・札幌・福岡の店舗受取であれば当日中にポケットWiFiを利用可能です。)

例えば急に身体の調子が悪くなって入院することになった場合や治験で短期間の入院をすることになった場合など、急に必要になった場合でもインターネット上で簡単にレンタルできる上に病院の受付まで簡単に郵送可能です。

ポケットWiFiの種類もWiMAX以外にもソフトバンクなど5種類のラインナップがあるため、病院がエリア外で繋がりにくいということもありません。

レンタル期間も最短だと1日から利用でき、180日以上使う場合は割引によって1日130円からポケットWiFiをレンタルできるため経済的にも優れています。

入院が伸びてしまった場合にもインターネット上でレンタル延長申請ができますし、入院がおわり、ポケットWiFiを返送する時も同封のレターパックをポストに入れるだけで返却完了なので手間がかかりません。

入院中の病院には無線LANが無かったり、あったとしてもセキュリティ面や速度面でレンタルのポケットWiFiよりも劣っている場合が多いため、入院期間中にノートパソコンやタブレットを利用したい、暇つぶしのために動画を楽しみたいという方はMobilePeaceでポケットWiFiのレンタルを検討してみてください。

国内WiFiレンタル

レンタル期間の期限がない!使いたい分だけ利用できる縛りなしWiFi

基本的に、レンタルWiFiを利用するとなると契約時にレンタル期間を定めます。

そして、そのレンタル金額をまとめて支払って利用し、レンタル期間がきたら返却という流れになります。

ただ、入院している場合では退院の時期が急遽長引いてしまったり、明確なレンタル日数を決めることが難しい場合もあるでしょう。

WiFiレンタルサービスの多くは延長の手続きで利用し続けることもできますが、延長分は費用が高くなることもあり、あまりおすすめできません。

そういった方におすすめなのが、こちらの「縛りなしWiFi」。

縛りなしWiFiレンタル期間を定めずに利用することができ、必要がなくなったタイミングで解約の手続きをして返却することができます。

病院への入院だけではなく、レンタル期限を設けずに利用したい方には縛りなしWiFiが圧倒的におすすめできます。

そんな縛りなしWiFiの料金表は下記になります。

プラン通常プランライトプランWiMAXプラン
帯域制限無制限/月・2GB/日20GB/月無制限/月・10GB/3日
端末Softbank 801ZT/601HW/FS030WSoftbank 801ZT/601HW/FS030WSpeed Wi-Fi NEXT W06/W05/W04/WX05
月額3,300円(税抜)3,000円(税抜)4,300円(税抜)

※横スクロールで表全体が確認できます

コスパよく1ヶ月以上の中長期利用をされたい方はぜひ、こちらの縛りなしWiFiを検討されてはいかがでしょうか?


縛りなしWiFi公式ホームページ