本当に安い国内ポケットWiFiのレンタルとは?

お得なワイファイを日本で借りる方法

スマートフォンやタブレットが普及した今、一定期間を自宅以外で過ごすにはポケットWiFiは必需品になってきています。普段は自宅の固定回線を利用しているけど、国内旅行や出張の時だけWiFiレンタルでポケットWiFiを使うという人も多いのではないでしょうか?

ポケットWiFiとはワイモバイル(現ソフトバンク)が提供するモバイルWiFiルーターを用いて場所を問わず高速インターネット通信が利用できるサービスのことです。

このポケットWiFiという名称が広く一般に普及し、今ではドコモやWiMAXなどのモバイルwifiルーターもポケットWiFiと呼ぶことも珍しくありません。

現在は国内にポケットWiFiを扱うレンタルサービスがたくさんありすぎて、どのサービスが本当に安いのかが分かりづらい状態。

そこで今回は本当に安いサービスはどれなのかを解説していきます。ぜひ参考にしてください。

月額料金だけじゃない!安いポケットWiFiの裏側とは?

安いレンタルポケットWiFiを探すときまず確認するのが、ホームページなどインターネットで安い値段を検索できる情報でしょう。WEB上では「格安〇〇円〜」や「1日レンタル〇〇円〜」など、とても安い利用料金でレンタルできるような広告も目立ちますが、ポケットWiFiの安い値段でレンタルサービスを決める時にはその広告だけで判断してはいけません。

それらの中には1日辺りの安いレンタル料金以外のコストがかかるプランであったり、特別に安いプランだけを大きく表示していることが多いからです。
実際にポケットWiFiのレンタルサービスを利用する時には、

・ポケットWiFiのレンタル料金
・端末の代金や往復送料
・その他のオプションサービスや手数料

などの料金を把握した上で契約しないと、「思っていた金額よりも高すぎる。」とあとで後悔してしまう可能性もあります。

ポケットWiFiを安い値段でレンタルする時は、広告に表示されている金額ではなく、実際に必要な金額の総額で選ぶように注意しましょう。

失敗しないために無駄な費用を減らすポイント

先ほどお伝えした通り、ポケットwifiを安い値段でレンタルする時には「実際に安いプラン」なのか、それとも「安いと感じているだけのプラン」なのかをしっかりと見極めなければいけません。

また「ポケットwifiの料金は安いけど利用できるポケットwifi端末が何世代も前のものでスペックが低すぎる」という安いWiFi特有のトラブルに遭う危険性もあります。

せっかく安い値段で快適な通信環境のためにポケットwifiをレンタルしたのに、通信が不安定だとストレスを感じるだけになってしまう可能性もあります。

そうなってしまうと、いくら安い値段でレンタルをしても、無駄な費用を払っただけになってしまいますよね。

そういったことが起こらないように、安い値段でポケットwifiをレンタルする時には必ず端末のスペックも比較しながらレンタルサービスを選ぶようにしましょう。

海外だけじゃない!国内でWiFiレンタルが役立つ場面

海外旅行の場合、知らない国に行くので、インターネット環境がないと困るという人も多い思うので、WiFiレンタルを利用する人は多いですが、国内までは必要ないと思っているかもしれません。

しかし、WiFiレンタルは安い料金で高速通信が利用できるため、国内でも日々の生活が格段に便利になることも多いです。

では、国内だとどんな場面で役立つか確認してみましょう。

国内の出張や旅行先や一時帰国

国内旅行や出張でもWiFiレンタルは非常に役立ちます。

空港や駅またはホテルなど無料の公共無線LANが普及しつつありますが、地方だとまだまだ整備されていないことも。

一時帰国で国内に滞在する際もWiFiレンタルなら空港からネットを利用できるので非常に便利です。

また、フリーWiFiは不特定多数のユーザーが接続できるため、セキュリティでの不安が払しょくできないデメリットがあります。

ポケットwifiは自分や家族・友人だけが接続するだけ安心なうえ、接続も暗号化されているのでより安全です。

引っ越しによる固定回線開通までのつなぎ

引っ越しが重なる春の時期にありがちなのが、回線の工事の予約が希望日に取れないこと。

この場合、入居してからしばらくの間は自宅にインターネット環境がないことになります。

こんな時も、WiFiレンタルなら短期間でも利用できるので、固定回線が開通するまで使うことも1つの方法です。

契約しているスマホのデータ容量を増額するよりもWiFiレンタルの料金のほうが大容量で安い場合が多いです。

コロナ等による急な在宅テレワークにもおすすめ

自宅ではインターネットをあまり利用しないからとネット環境がなかった人もいたかもしれません。

しかし、昨今のコロナによる外出制限で仕事も在宅業務になった人も多いと思います。

そんな時、即日出荷対応のWiFiレンタルなら急な在宅業務でも安心です。

しかも、無制限プランもあるので、仕事でデータ消費量が多くなりがちな場合も大活躍。

レンタル期間も1泊2日の短期から6ヶ月以上の長期間にも対応しているので、在宅期間に合わせて利用可能です。

レンタルに最適な2種類のポケットwifi端末

現在だとスペックからみたレンタルポケットwifiのおすすめ端末は、「Pocket WiFi 601HW」と「Softbank E5383 」です。
共にsoftbankの高品質な通信回線を利用しているので安定した通信が期待できるほか、それぞれレンタルに大きな特徴があるので詳しく確認してみましょう。

共にソフトバンクの高品質な通信回線を利用しているので安定した通信が期待できるほか、それぞれレンタルに大きな特徴があるので詳しく確認してみましょう。

レンタルポケットwifi「Pocket WiFi 601HW」の特徴

「Pocket WiFi 601HW」の特徴は何と言っても最新機種であるということです。
複数の電波帯域をまとめてデータ通信をする「キャリアアグリゲーション」。
複数のアンテナを使って複数のデータを通信する「4×4 MIMO」。
情報を圧縮して1度に大容量通信ができる「256QAM」という3つの技術を利用してダウンロード最大612Mbpsの超高速通信が可能になっています。

さらに「Pocket WiFi 601HW」は駅前や繁華街などの混雑するエリアでも快適に利用できるので、「とにかくストレスなくインターネットを使いたい!」という人にはうってつけの端末です。

レンタルポケットwifi「Softbank E5383」 の特徴

「Softbank E5383」の最大の特徴は5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので最大で14時間もの連続通信ができることです。

例えば、夜寝ている間にポケットwifiを充電をすれば翌朝8時から夜の22時までは充電をせずに使い続けることができます。

この端末を利用すれば、わざわざオプションで予備バッテリーをレンタルする必要もないのでレンタル料金を安い値段にすることが可能です。

ポケットwifiの通信速度は「Pocket WiFi 601HW」よりも低速になってしまいますが「速度にはそこまでこだわらず、安い値段で移動中などに長時間インターネット通信を利用したい!」という人におすすめの端末になっています。

格安レンタルならMobilePeace!

では、ここまでの内容を踏まえると実際のところ本当に安いポケットwifiのレンタルサービスはどれなのでしょうか?

国内には様々な安いレンタルサービスがありますが、「MobilePeace」という会社のWiFiレンタルサービスが最もおすすめです。

MobilePeaceなら先ほど紹介したポケットwifi端末2機種とも利用が可能で、なおかつポケットwifiレンタル料金以外には往復の送料しか費用がかかりませんので安い料金でレンタルが可能です。

MobilePeaceのポケットwifiレンタル料金プランは端末と利用する期間によって変動するので、先ほどの2機種の料金プランを確認してみましょう。

MobilePeaceで「Pocket WiFi 601HW」をレンタルするときの料金プラン

MobilePeace ではPocket WiFi 601HWを最短1日から安い値段でレンタルでき、ポケットwifiの利用料金は1日700円から。それ以降は利用した期間によって、

7日〜14日〜30日〜90日〜180日〜
610円/日460円/日275円/ 日255円/日235円/日

と変動します。

最新のポケットwifi端末が1日あたり格安の610円だけで利用できるのは嬉しいですね。

そのほか「Pocket WiFi 601HW」のレンタルにかかる料金は往復送料の1,100円だけなので、例えばPocket WiFi 601HWを7日間レンタルした場合は

・610円×7日=4,270円
・往復送料=1,100円
・総額=5,370円だけという安い料金で利用ができます。

MobilePeaceで「Softbank E5383」をレンタルするときの料金プラン

「Pocket WiFi 601HW」と同じように「Softbank E5383」も最短1日からレンタルでき、利用料金は1日550円から。それ以降はポケットwifiを利用した期間によって、

7日〜14日〜30日〜90日〜180日〜
480円/日320円/日180円/ 日170円/日150円/日

が1日あたりの料金になります。

ポケットwifiの通信速度が「Pocket WiFi 601HW」よりも低速な分少し安い値段でポケットwifiのレンタルが可能です。

こちらも、往復送料しか料金はかからないのでSoftbank E5383を6日間ポケットwifiをレンタルした場合は

・480円×7日=3,360円
・往復送料=1,100円
・総額=4,460円だけの安い値段でポケットwifiが利用できます。

安いレンタル料金を希望なら「Softbank E5383」がおすすめ

以上、MobilePeaceのソフトバンクの2端末を比較しましたが、レンタル料金は「Softbank E5383」が安いのでおすすめです。

バッテリー容量も大きいので、長時間外出先でインターネットを使う場合も最適です。

しかも、通信容量も無制限なのでデータ消費量が多いユーザーにも向いているプランだと言えるでしょう。

「Pocket WiFi 601HW」のほうは、通信速度が約2倍ですが、月間データ利用量が90GBではない点に注意が必要です。

安いポイントまとめ!MobilePeaceが格安な理由

いかがでしたか?
今回は、値段の安いレンタルポケットwifiとしてMobilePeaceのポケットwifiレンタルサービスを紹介しました。

MobilePeaceならスペックの高いポケットwifi端末を余計なオプション料金や手数料を払わずに安い値段でレンタルすることができます。さらに長期間の割引も効くので使えば使うほど安い値段でポケットwifiを利用することが可能です。

申し込みもWEB上から24時間いつでも行えますし、返却時もポストに投函するだけなので気軽に利用できます。 手軽で安い値段のポケットwifiのレンタルサービスをお探しなら、ぜひMobilePeaceを利用してみてくださいね。

mobile-peace 国内WiFiレンタル