【国内向け】WiFiレンタルの受取・返却方法とおすすめサービスまとめ

受取や返却が郵送で簡単なWiFiレンタルサービスを徹底解説

旅行や出張などで一時的にWiFiルーターを持ち歩きたい場合は、WiFiレンタルサービスの利用が便利です。

WEBから申し込みができ、受取から返却までの手続きも簡単なため、急きょ必要になったものの店舗まで契約に行く時間がとれないという方にもおすすめ。

ここでは、WiFiレンタルサービスの基本的な利用方法と、返却時の注意点について解説しています。

全国対応のおすすめWiFiレンタルサービス「Mobile Peace」や「縛りなしWiFi」の料金プランなども紹介しているので、どこでレンタルしようかお悩みの方は参考にしてみてください。

WiFiレンタルの受取・返却の流れ

まずは、WiFiレンタルサービスの申し込み方法と、受取・返却の手順について詳しく見ていきましょう。

基本的な流れはどのWiFiレンタルサービスでも同じなので、手続き方法が分からなくて困っているという方はチェックしてみてくださいね。

STEP1.WEBサイトから申し込み

WiFiレンタルサービスの中には、実店舗を持たずインターネット上でのみ運営を行っているところも多いです。

そのため、WiFiレンタルの申し込みはWEBサイトから行うというのが基本となります。

電話での申し込みに対応しているサービスもありますが、WEBサイトからであれば24時間手続きができるので、こちらの方が便利でしょう。

申し込みの際は、氏名や住所といった個人情報の他、レンタルしたい端末の種類やレンタル日数なども選択する必要があります。

WiFiルーターを利用するエリアがどの回線に対応しているのかなど、事前に確認しておくとスムーズです。

またレンタル日数については、あとから延長手続きを行うこともできるため、はっきりしない場合は少し短めにしておくと良いでしょう。

STEP2.ルーターが届いたら設定して利用開始

申し込み完了後は、利用開始日として設定した日にモバイルルーターが届くよう配送されます。

自宅にルーターが届いたら中身を確認し、中身に不備がないかどうかチェックしましょう。

最後にルーターを起動し、設定されているパスワードを入力すればすぐにWiFiの利用を始めることができます。

STEP3.最寄りのポストに投函して返却

利用期間が終了したあとは、ルーターを指定の方法で返却します。

ルーターと合わせてゆうパックのラベルやレターパックなどが同梱されており、それを使用して返却することが多いです。

ポスト投函による返却が最も手軽で便利なので、WiFiレンタルサービスを選ぶ際はポスト投函を利用できるところで探すと良いでしょう。

ルーター返却時の注意点

手続きが簡単で便利なWiFiレンタルサービスですが、返却時にはいくつかの注意点があります。

続いて、WiFiルーターを返却する際に気を付けておきたいポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポスト投函が利用できるのは国内のみ

ポスト投函による返却は、基本的に全国どこからでも利用できます。

例えば自宅のある東京でレンタルを行い、沖縄旅行の最終日に那覇空港内のポストに投函して返却するといったことも可能です。

ただし、レンタルしたWiFiルーターを海外で利用した場合、ポスト投函で返却できるのは日本に帰国してからという点に注意が必要です。

例えば韓国旅行の最終日に、韓国国内のポストへ投函して返却するということはできません。

海外旅行でWiFiレンタルを利用する際は、日本へ帰国する日を利用最終日として申し込むようにしましょう。

返却期限を要チェック

WiFiレンタルを利用したあと、ルーターをいつまでに返却すれば良いのかについても確認が必要です。

利用期間として設定した日の最終日中に返却が必要なのか、または翌日中でも大丈夫なのかをWEBサイトなどでチェックしておきましょう。

ポスト投函で返却できるサービスであれば、最終日の翌日中の消印有効となっている場合が多いです。

期日を過ぎてしまうと、1日ごとに延長料金が発生するので注意しましょう。

全国へ宅配可能!国内向けおすすめWiFiレンタルサービス【Mobile Peace】

最後に、国内利用におすすめのWiFiレンタルサービス「Mobile Peace」の概要と料金プランをご紹介。

空港受取やポスト返却に対応しているため、旅行や出張の際に非常に便利なサービスです。

どこでWiFiレンタルを申し込めば良いか迷っている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

最短当日発送・翌日受取ができる

平日14時までの申し込みであれば、WiFiルーターの当日発送・最短翌日受取が可能です。

また自宅だけでなく、旅行先のホテルや入院先の病院などを配送先として指定することもできます。

急きょWiFiレンタルが必要になり、自宅配送では間に合わないという場合は、滞在先を指定して申し込むと良いでしょう。

羽田空港・関空など国内主要空港への配送も可能

Mobile Peaceでは、ルーターの配送先として以下の国内主要空港を指定することもできます。

  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 新千歳空港

それぞれ、空港内にある郵便局のカウンターで受け取りを行うことができるので、自宅にルーターを置き忘れてしまう心配がありません。

空港への配送には4日程度かかるため、出発当日にルーターを受け取れるよう前もって予約しておくことをおすすめします。

※現在空港での受け取りを休止しております。

取り扱い端末と料金プラン

Mobile Peaceの取り扱い端末は、主にWiMAXとソフトバンクのポケットWiFiの2種類です。

通信速度など端末のスペックを重視する場合はWiMAX、対応エリアの広さなど使い勝手を重視する場合はポケットWiFiがおすすめ。

各端末のレンタル期間ごとの利用料金は以下の通りです。

Speed Wi-Fi NEXT W04Speed Wi-Fi NEXT W05Softbank 601HWSoftbank 801ZTSoftbank MF98NSoftbank E5383
帯域制限無制限/月・10GB/3日無制限/月・10GB/3日50GB/月60GB/月・2GB/日7GB/月無制限/月・3GB/3日
1日765円/日(税込)865円/日(税込)710円/日(税込)1,050円/日(税込)510円/日(税込)560円/日(税込)
7日650円/日(税込)750円/日(税込)610円/日(税込)413円/日(税込)435円/日(税込)480円/日(税込)
14日490円/日(税込)590円/日(税込)460円/日(税込)268円/日(税込)290円/日(税込)320円/日(税込)
30日290円/日(税込)390円/日(税込)275円/日(税込)180円/日(税込)170円/日(税込)180円/日(税込)
90日270円/日(税込)370円/日(税込)255円/日(税込)158円/日(税込)155円/日(税込)170円/日(税込)
180日255円/日(税込)355円/日(税込)235円/日(税込)141円/日(税込)135円/日(税込)150円/日(税込)

※横スクロールで表全体が確認できます

上記の他、Mobile Peaceでは2種類の補償プランを用意しており、必要に応じて追加することができます。

故障保障・紛失保障が受けられるWiFi保障サービスライト(50円/日)と、水没保障が加わったワイド(80円/日)があるので、滞在先の環境に応じて検討してみましょう。

それぞれの補償内容は以下の通りです。

故障保障レンタル期間中に不具合が起きた場合、修理や交換にかかる費用が免除される
紛失保障レンタル端末を紛失した場合、19,800円の負担で済む(通常は38,400円)
水没保障レンタルした端末が水没によって故障した場合、無料で端末を交換できる

中長期のWiFiレンタルなら【縛りなしWiFi】

縛りなしWiFiは数ヶ月以上の長期利用に便利なWiFiレンタルサービスです。

通常契約と同じく月々での料金支払いができ、かつ通常契約のような期間縛りがないというのが縛りなしWiFiの特徴。

長期的な旅行や単身赴任などで数ヶ月〜半年以上WiFiレンタルする場合は縛りなしWiFiがおすすめです。

こちらのWiFiレンタルも、郵送での受け取りと返却のため利用しやすいのがポイントです。

縛りなしWiFiのプランごとの料金とデータ容量は以下の通りです。

プラン通常プランライトプランWiMAXプラン
帯域制限無制限/月・2GB/日20GB/月無制限/月・10GB/3日
端末Softbank 801ZT/601HW/FS030WSoftbank 801ZT/601HW/FS030WSpeed Wi-Fi NEXT W06/W05/W04/WX05
月額3,300円(税抜)3,000円(税抜)4,300円(税抜)

※横スクロールで表全体が確認できます

この他、初回契約時に3,000円(税抜)の事務手数料がかかります。

縛りなしWiFiは故障に対する補償も充実しており、料金も月々500円とお得です。

長期利用の場合は短期利用と比較して故障するリスクも高まるため、合わせて加入しておくと良いでしょう。

受け取りや返却は自由に指定できるため、中長期や返却の時期が未定なのであればこちらの縛りなしWiFiが最適です。

まとめ

✓チェック
  • WiFiレンタルサービスの申し込みはWEBサイトから行うのが一般的
  • 空港受取・ポスト返却が可能なサービスであれば、移動のついでにルーターの受取・返却ができるため便利
  • レンタルの際は、返却期限のルールを確認したうえで期間を設定することが大切

Mobile Peaceはレンタル終了日の翌日までの消印が有効のため、余裕を持って返却を行うことができます。

同じく受取場所や郵送での返却ができて、レンタル期間が中長期、もしくは返却時期がまだ未定なのであれば縛りなしWiFiがお得に利用できるでしょう。

WiFiレンタルをするのであれば、こちらでご紹介したMobilePeaceや縛りなしWiFiを検討してみてはいかがでしょうか?

mobile-peace 国内WiFiレンタル


縛りなしWiFi公式ホームページ