ドコモのWiFiレンタルサービスはある?回線別比較とおすすめ機種

docomoの回線を利用したWiFiレンタルサービスについて解説

5G対応・下り速度最大4.1Gbpsを誇るルーターが発売されるなど、ドコモのモバイルルーターは進化を続けています。

せっかくなら高スペックのルーターをレンタルしたいところですが、WiFiレンタルサービスでドコモの最新機種を借りることはできるのでしょうか。

またソフトバンクやauのルーターと比較して、ドコモのルーターにメリットがあるのかどうかも気になりますよね。

ここでは、WiFiレンタルサービスで取り扱っている主な機種と、ドコモをはじめとする各キャリアのルーター比較について解説しています。

おすすめのWiFiレンタルサービスもまとめているので、ドコモのルーターをレンタルしようとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

WiFiレンタルサービスでドコモの機種は借りられる?

現在、ドコモから販売されている最新のモバイルルーターは「Wi-Fi STATION SH-52A」です。

Wi-Fi STATION SH-52Aは5G回線にも対応しており、2020年春から本格的に商用化がはじまった5Gの先駆け端末となっています。

しかし、Wi-Fi STATION SH-52Aはドコモショップでも品切れが起きるなど人気が高く、WiFiレンタルサービスでは取り扱いが無いのが現状。

今後WiFiレンタルサービスでも取り扱いがはじまる可能性もありますが、2020年6月時点では旧機種のレンタルのみと覚えておきましょう

ドコモのルーターの特徴と他キャリアとの比較

WiFiレンタルサービスではドコモのルーターだけでなく、ソフトバンクやauから販売されているルーターも多く取り扱っています。

続いて、各キャリアのルーターの特徴を比較しながら、WiFiレンタル時におすすめの端末を紹介していきます。

Wi-Fi STATION(docomo)

ドコモが提供しているWi-Fi STATIONは、利用エリアの広さと通信速度の速さが特徴です。

「Wi-Fi STATION HW-01L」は4G回線ながら下り速度最大1288Mbpsとなっており、固定回線にも劣らないスペックを持っています。

Wi-Fi STATION HW-01LはWiFiレンタルサービスで取り扱っているところもあるため、エリアの広さを重視する方におすすめ。

ただし、ドコモのモバイルルーターはスマホのパケット通信と同じ回線を使っていることから、アクセスが集中しやすいというデメリットも。

通信障害のリスクを抑えたい場合は、ポケットWiFiやWiMAXなど2つの回線を利用するモバイルルーターがおすすめです

ポケットWiFi(Softbank・ワイモバイル)

ポケットWiFiはソフトバンクとワイモバイルの回線を利用しており、通信が途切れにくいのが特徴。

またソフトバンクが利用している低周波数帯の電波は障害物に強く、屋内でも安定した通信を行うことができます。

国内のカバー率も高いため、場所を選ばずにインターネット通信が利用できる端末です。

WiFiレンタルが可能なポケットWiFiの機種としておすすめしたいのが「Softbank 601HW」。

Softbank 601HWは大量のデータ通信を可能にする「キャリアアグリゲーション」や1度に運べるデータ量を増やす「256WAM」といった技術が使われています。

これにより、人の多く集まる場所でも通信が途切れにくく、常に高速通信が楽しめるようになっています

WiMAX(au)

WiMAXもソフトバンクと同様、auとWiMAX2+の2つの回線を利用しているモバイルルーターです。

通常はWiMAX2+回線で通信を行いますが、ハイスピードプラスエリアモードを利用すれば、WiMAX2+回線が弱いエリアの場合に自動でau回線へ切り変わります。

2つの回線を使い分けることで、屋内外問わず快適にインターネットを利用できるでしょう。

WiMAXの最新機種「W06」はWiFiレンタルサービスでも取り扱っているところが多いですが、人気機種ということもあり品切れのケースも少なくありません。

1つ前の「W05」「WX05」でも十分なスペックがあるため、こちらも取り扱っているWiFiレンタルサービスを選ぶのがおすすめです。

人気機種が選べるおすすめWiFiレンタルサービス

ポケットWiFiやWiMAXの人気端末を扱うWiFiレンタルサービスは数多く存在します。

今回は、中でも口コミ評価の高い「縛りなしWiFi」「Mobile Peace」の2つのWiFiレンタルサービスをご紹介。

それぞれの特徴を比較して、自分に合うWiFiレンタルサービスを選んでみてくださいね。

縛りなしWiFi

縛りなしWiFiは定額で利用できるWiFiレンタルサービスです。

最低1ヶ月から月単位での契約となり、契約期間の縛りや解約料金の発生などは一切ありません

支払いも月額制のため、申し込み時にまとまったお金がなくても利用できるのがメリット。

ドコモのモバイルルーターは取り扱いがありませんが、ポケットWiFiの人気機種「Softbank 601HW」やWiMAX「W06」「W05」などがレンタル可能です。

高スペックの端末を安い料金で長期レンタルしたいという方におすすめのWiFiレンタルサービスとなっています。

Mobile Peace

Mobile Peaceは最短1日から好きな期間でルーターを借りられるWiFiレンタルサービスです。

1週間・1ヶ月・3ヵ月…と利用期間が長くなるほど1日あたりのレンタル料金が安くなるのが特徴

自宅だけでなくホテルや病院への配送も対応しているので、引っ越しや入院などの一時利用におすすめです。

こちらもドコモのモバイルルーターは扱いがなく、ポケットWiFiまたはWiMAXのレンタルとなります。

この他Mobile Peaceでは、海外向けプランや法人向けプランも利用できるなど、幅広いニーズに対応可能なWiFiレンタルサービスです。

まとめ

✓チェック
  • ドコモの最新ルーターはレンタルでの取り扱いがほとんどない
  • 回線の安定性やカバー率などを踏まえ、レンタルするならポケットWiFi・WiMAXが安心
  • 定額利用が可能な【縛りなしWiFi】や、柔軟な対応が人気の【Mobile Peace】がおすすめ

ドコモはソフトバンク・auに並ぶ大手キャリアですが、モバイルルーターのレンタルという観点では弱い部分があると言えるでしょう。

WiFiレンタルを利用する際は、最新のポケットWiFiやWiMAXが借りられるサービスを検討してみてくださいね。

mobile-peace 国内WiFiレンタル


縛りなしWiFi公式ホームページ