入院中はWiFiレンタルがおすすめ!国内向け人気サービス紹介

入院の時に快適なネット環境を使うならWiFiレンタル

何らかの理由で病院へ入院することになった場合、暇つぶし対策としてWiFiレンタルの利用がおすすめです。

モバイルルーターがあれば入院中の部屋でも快適にインターネット接続ができ、動画視聴やオンラインゲームを自宅と同じように楽しめます。

最近は病院へ直接ルーターを配送してくれるサービスも多く、急な入院でも安心。

ここでは、WiFiレンタルサービスの概要と入院中の利用におすすめのルーター機種を解説しています。

国内向けの人気WiFiレンタルサービスも紹介しているので、短期の入院などを予定している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

WiFiレンタルとは?入院中でも使える?

WiFiレンタルとは、短期または長期でモバイルルーターをレンタルできるサービスのことです。

固定回線のような工事も必要なく、手元に届いてスグ利用を始められるのがメリット。

まずは、WiFiレンタルサービスの特徴と、入院中に利用する場合の注意点について詳しく見ていきましょう。

WiFiレンタルサービスの特徴

WiFiレンタルサービスには以下のような特徴があります。

  • 任意の期間のみモバイルルーターを利用できる
  • 途中で解約しても違約金がかからない
  • レンタルの度に異なる端末・プランを選択できる
  • WEBサイトから手続きを行うため店舗へ行く必要がない

モバイルルーターは各キャリアのショップで契約することもできますが、購入した場合は契約内容によって3年程度の期間縛りが発生します。

入院中の短期間のみ利用したいという場合、3年縛りで利用を続けなければならないとなると割高ですよね。

WiFiレンタルなら、最短1日から任意の期間でルーターを利用でき、解約しても違約金などが発生することはありません。

またWiFiレンタルはインターネットから申し込み手続きを行うのが一般的。

利用開始日に端末が届くので、あとはパスワードを入力するだけで接続を行うことができます。

返却の際もポスト投函で完了するケースが多く、店舗まで手続きに出向かなくて良いのもWiFiレンタルの特徴です。

入院中にWiFiレンタルを利用する場合の注意点

入院中にWiFiレンタルを行う際は、事前に以下の項目をチェックしておきましょう。

病室でのスマホ・パソコン利用が許可されているかどうか

現在はスマホ・医療機器ともに技術が進歩しており、スマホの電磁波によって医療機器が不具合を起こすリスクはほとんどないと言えます。

そのため手術室など一部の空間を除き、施設内でのスマホ利用を許可している病院は多いです。

また病院自体に無料のWiFiスポットが用意されているケースもあり、「病院でのスマホ利用は禁止されている」という認識は変わってきています。

とは言え、中には限られたスペースでしか利用が認められていない病院も存在します。

入院中にWiFiレンタルを行う際は、病室でのスマホ利用やルーターの持ち込みが許可されているかどうかを事前に確認しておきましょう。

病院がルーターの受け取りに対応しているかどうか

WiFiレンタルサービスの中には、入院中の病院や施設など、自宅以外の場所を配送先として指定できるサービスも多いです。

しかし、病院によっては患者さん宛ての荷物の受け取りを受け付けていない可能性があります。

ルーターの持ち込みと合わせて、病院側へ事前に受け取りを依頼できるかどうか確認することをおすすめします。

入院中のWiFiレンタルにおすすめの機種

WiFiルーターのレンタルでは、利用する機種選びも需要なポイントです。

続いて、入院中の利用におすすめのルーター機種について詳しく見ていきましょう。

ポケットWiFi(ソフトバンク)

ポケットWiFiはソフトバンク・ワイモバイルから提供されているモバイルルーターです。

Softbank回線を使用しているため安定性が高く、病室など屋内でも快適に高速通信を楽しむことができます。

またソフトバンクのポケットWiFiは機種によって異なる特徴を持っています。

例えば、「601HW」は最大下り速度が612Mbpsとなっており、速度を重視したい方におすすめです。

一方「E5383」は、最大下り速度は300Mbpsと平均的ですが、帯域制限が実質無制限のため容量を気にせず通信を行いたい方に便利。

入院期間が短い場合は料金重視、入院期間が長くなる場合はスペックもじっくり比較するなど、シーンに合わせた機種選びができるのがソフトバンク端末のメリットです。

WiMAX

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルルーターです。

独自のWiMAX2+回線をメインに使用しており、ソフトバンクのポケットWiFiと同様幅広いエリアで快適にインターネット接続を行うことができます。

またWiMAXは通信速度の速さが特徴で、最新機種の「W06」では最大下り速度が1.2Gbpsと固定回線並み。

容量も実質無制限のため、入院中に動画視聴やオンラインゲームで時間をつぶしたい方におすすめです。

WiMAX2+回線の場合、以前は屋内での接続が不安定になるとの声が上がっていましたが、ここ数年の目覚ましい性能の改善により心配せずにご利用いただけます。

入院中だけじゃない!ルーターの便利な活用シーン

WiFiレンタルは入院中だけでなく、様々なシーンで便利に使うことができます。

ここからは、WiFiレンタルの入院中以外のおすすめ活用シーンを紹介していきます。

旅行・出張・一時帰国など

WiFiレンタルは短期間の利用に向いていることから、旅行や出張での利用もおすすめです。

また入院中の病院を配送先に指定できるのと同じように、空港やホテルへの配送を指定できるサービスも多いです。

海外からの一時帰国など、空港に到着した時点でWiFiを利用したい場合は、空港配送に対応したWiFiレンタルサービスが便利でしょう。

※現在、空港への配送は休止となっております。そのため、空港以外での受け取りが可能です。

引っ越し期間のつなぎ

引っ越しによって固定回線を解約した場合、新居で再度固定回線を引くまでに2週間程度かかるケースがあります。

特に引っ越しシーズンなどは時間がかかる場合が多く、工事が1ヶ月以上先になることも。

1ヶ月近くインターネットが使えないのは不便なので、短期間で利用できるWiFiレンタルサービスがおすすめです。

また外でインターネットを利用することが多い場合は、あえて固定回線を契約せずモバイルルーターのみで済ませても良いかもしれません。

人気機種をお試し感覚でレンタルして、性能に問題がなければ携帯ショップで契約するという使い方も1つです。

法人利用(テレワーク・在宅勤務)

働き方改革の促進や新型コロナウイルスの感染拡大によって、テレワーク・在宅勤務を導入する企業が増えています。

ビデオ会議ツールなどを活用してリモートでやり取りを行う場合、WiFi環境は必要不可欠です。

企業としてモバイルルーターを準備する際は、法人向けプランを用意しているWiFiレンタルサービスがおすすめ。

台数に応じた割引が受けられる他、必要期間のみレンタルできるため、購入するよりもコストを抑えられる可能性があるでしょう。

国内向けのおすすめWiFiレンタルサービス【Mobile Peace】

最後に、入院中の利用に役立つ人気WiFiレンタルサービス「Mobile Peace」の特徴や料金を紹介します。

Mobile Peaceの主な特徴は以下の通り。

  • 平日14時までの申し込みで即日発送・最短翌日受取が可能
  • 入院中の病院を配送先に指定できる
  • ソフトバンクのポケットWiFi・WiMAXを取り扱い
  • 故障・紛失に対する補償が充実
  • 入院期間が延びた場合の延長手続きもWEBから簡単に行える

Mobile Peaceは病院への配送ができ、最短で翌日にはルーターを受け取れるため急な入院でも安心。

ソフトバンクのポケットWiFiやWiMAXの人気機種が揃っており、お試し利用などにも役立ちます。

Mobile Peaceの取り扱い端末と料金プランは以下の通りです。

Speed Wi-Fi NEXT W04Speed Wi-Fi NEXT W05Softbank 601HWSoftbank 801ZTSoftbank MF98NSoftbank E5383
帯域制限無制限/月・10GB/3日無制限/月・10GB/3日50GB/月60GB/月・2GB/日7GB/月無制限/月・3GB/3日
1日765円/日(税込)865円/日(税込)710円/日(税込)1,050円/日(税込)510円/日(税込)560円/日(税込)
7日650円/日(税込)750円/日(税込)610円/日(税込)413円/日(税込)435円/日(税込)480円/日(税込)
14日490円/日(税込)590円/日(税込)460円/日(税込)268円/日(税込)290円/日(税込)320円/日(税込)
30日290円/日(税込)390円/日(税込)275円/日(税込)180円/日(税込)170円/日(税込)180円/日(税込)
90日270円/日(税込)370円/日(税込)255円/日(税込)158円/日(税込)155円/日(税込)170円/日(税込)
180日255円/日(税込)355円/日(税込)235円/日(税込)141円/日(税込)135円/日(税込)150円/日(税込)

Mobile Peaceでは、レンタル期間が長くなるほど1日あたりの料金が安くなる「期間割」を実施しています。

短期利用にはもちろん、入院期間が中期になる場合でもMobile Peaceはお得です。

長期利用に便利な「縛りなしWiFi」

もう一つご紹介するのは「縛りなしWiFi」という、月々の支払いでお得に利用できるWiFiレンタルサービスです。

契約期間の縛りもなく、1ヶ月以上利用すればいつでも好きなタイミングで解約することができます。

こちらのWiFiレンタルサービスも故障や紛失に対する補償オプションも充実しており、もしもの場合にも安心してご利用いただけます。

万が一、入院期間が未定で、1ヶ月〜となる可能性がある場合はこちらの縛りなしWiFiがお得に利用できます。

縛りなしWiFiのプランごとの価格とデータ容量は以下の通りです。

プラン通常プランライトプランWiMAXプラン
帯域制限無制限/月・2GB/日20GB/月無制限/月・10GB/3日
端末Softbank 801ZT/601HW/FS030WSoftbank 801ZT/601HW/FS030WSpeed Wi-Fi NEXT W06/W05/W04/WX05
月額3,300円(税抜)3,000円(税抜)4,300円(税抜)

この他、初回契約時に3,000円(税抜)の事務手数料がかかります。

縛りなしWiFiはその名の通り、契約期間の縛りがなく、最低1ヶ月以上利用すればいつでも解約できるのが特徴です。

一方で3年間の期間縛りを設けた「縛っちゃうプラン」も用意されており、条件が増える分更に安い料金で利用することができます。

入院後も継続してWiFiレンタルをご利用されたいという方はこちらの、期間が定められたプランの方がお得です。

縛っちゃうプランの価格は以下の通り。

プラン無制限プラン通常プランライトプランWiMAXプラン
帯域制限無制限無制限/月・2GB/日20GB/月無制限/月・10GB/3日
端末Softbank 801ZTSoftbank 601HWSoftbank 801ZTSpeed Wi-Fi NEXT W06/W05/W04/WX05
月額3,480円(税抜)2,800円(税抜)2,600円(税抜)3,600円(税抜)

こちらも初回契約時に3,000円(税抜)の事務手数料がかかる他、更新月以外で解約した場合は解約料金がかかります。

入院される段階で、1ヶ月以上の入院になりそうであれば、縛りなしWiFiをご利用される間は自由にお使いいただき、必要がなくなったタイミングで解約が出来るこちらの縛りなしWiFiがお得となります。

まとめ

✓チェック
  • 入院中は短期利用が可能なWiFiレンタルサービスの利用がおすすめ
  • 病室でWiFiを使えるか、またルーター受け取りができるかを入院先の病院へ事前に確認すると安心
  • WiFiレンタルは入院中だけでなく、旅行や出張、引っ越し時のつなぎとしての利用も適している

入院中の暇な時間を有効活用するには、WiFiレンタルサービスを利用してインターネット環境を整えるのがおすすめです。

入院期間や利用頻度に合わせて、自分に適したサービス・プランを選ぶようにしましょう。

mobile-peace 国内WiFiレンタル


縛りなしWiFi公式ホームページ