WiFiを短期レンタルする際のポイント。おすすめの国内ショップを紹介

ポケットワイファイを短期レンタルしたい…

SNSやオンラインゲーム、動画視聴など、最近は外でも当たり前のようにインターネットを利用しています。

速度制限を避けるために、外出の際はモバイルWiFiルーターを持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。

しかしモバイルWiFiルーターは一般的に2年や3年といった契約期間が定められており、短期間の利用には適していません。

そんな時はモバイルWiFiルーターの国内向け短期レンタルがおすすめです。

ここでは、WiFiルーターを短期でレンタルする際の機種選びのポイントと、短期利用におすすめのレンタルサービスをご紹介。

WiFiルーターの短期レンタルをお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

WiFiルーターを短期レンタルする場合のポイント

WiFiルーターは主に以下の2つの方法で利用することができます。

  • au・Softbank・docomoなどの各キャリアおよびWiMAXプロバイダなどを通じて固定契約を結ぶ
  • レンタルサービスを使って上記各端末を期間限定でレンタルする

冒頭でお伝えしたように、固定契約の場合は2年や3年など契約期間が長期にわたります。

月々の利用料金が3,000~4,000円程度かかる他、途中解約の場合は違約金なども発生。

一方で、レンタルの場合は最短1日からモバイルWiFiルーターを借りることができ、期日前に返却しても違約金が発生しないので問題ありません。

旅行や出張などで一時的にモバイルWiFiルーターを使いたい場合は、レンタルを利用した方が手軽でコスパも良いと言えます。

まずは、WiFiルーターを短期レンタルする場合の機種選びのポイントについて詳しく見ていきましょう。

データ容量に制限があるかどうか

WiFiルーターは端末や契約するプランによって、利用できるデータ容量が決まっています。

例えばWiMAXルーターの場合、1か月の通信量は無制限ですが、3日間で10GB以上利用すると一時的に制限がかかります。

またハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE回線の併用)を使うと月7GBまでという条件に切り替わるため、利用エリアにも注意が必要。

ソフトバンクのポケットWiFiの場合も同様に、1か月7GBまでといった上限が設けられている場合が多いです。

短期間のレンタルであっても、レンタル期間中にどこでどのような使い方を予定しているのかを考慮して機種を選ぶことをおすすめします。

✓ポイント

レンタル期間中の利用方法によって、契約する端末・プランを選ぶのがおすすめ

通信エリアに対応しているかどうか

モバイルWiFiルーターは端末によって通信できるエリアが異なります。

例えば、WiMAXであればWiMAX2+およびau 4G LTE回線、ポケットWiFiであればSoftbankのLTE回線が対応している必要があります。

自宅では利用できても旅行先・出張先は対応外だったという可能性もゼロではありません。

短期レンタルを利用する場合は、あらかじめ端末を利用する場所が対応しているかどうかをチェックしておくことをおすすめします。

特にWiMAXの場合、WiMAX2+の対応外エリアでは自動でau 4G LTE回線に切り替わる機能が搭載されています。(ハイスピードプラスエリアモード)

この機能を利用すると速度制限の条件が変わってくるため、オンラインゲームや動画視聴を頻繫に行う方は要注意です。

✓ポイント

通信エリアと速度制限の条件は事前に確認しておくことがおすすめ

国内と海外のどちらで利用するのか

旅行先や出張先が海外の場合、海外利用向けのWiFiルーターをレンタルする必要があります。

「国際ローミング」の手続きをして、日本国内で契約している端末を海外で利用できるようにすることも可能ですが、こちらは費用がやや高め。

短期間だから、と海外で国内と同じような使い方をしてしまうと、帰ってから高額な支払い請求を受ける可能性があります。

定額プランを利用しても1日あたり2,000円近く必要になるため、短期の場合でも安い料金で海外利用できるレンタルサービスがおすすめです。

✓ポイント

海外旅行・出張の場合は、レンタルWiFiを利用したほうがお得

契約・受取・返却の手続き方法

モバイルWiFiルーターのレンタルを利用する際、店舗で手続きを行う方法とWEBから手続きを行う方法があります。

店舗の場合、在庫次第では当日の申し込みでも受け取りできるケースがあるので、近くに店舗がある方や急ぎで必要な方におすすめ。

翌日以降の受け取りでも問題ない方は、WEBから申し込みをする方がスムーズで効率的です。

また受け取り場所の指定先が豊富なレンタルサービスを利用すると便利です。

自宅はもちろん、空港カウンターや入院中の病院など、店舗以外での受け取りも可能かどうか確認してみましょう。

返却についても同様で、店舗まで行かずポスト投函などで完了できるサービスがおすすめです。

✓ポイント
  • 店舗受け取りの場合は即日もしくは翌日に受け取ることが可能なサービスもある
  • 返却はポストに投函で完了するサービスが便利でおすすめ

国内向けワイファイレンタルを利用する場合の注意点

国内向けWiFiレンタルは便利で非常に使い勝手が良くおすすめですが、注意しておきたいポイントもあります。

レンタル後にトラブルに合わないよう確認しておきましょう。

モバイルWiFiルーターの端末が故障した場合は修理費用がかかる

ポケットWi-FiなどモバイルWiFiルーターは高性能機器であるため、壊れた場合の修理費用も高額になる傾向があります。

具体的な修理費用はWiFiレンタル会社によって異なりますが、数万円の費用が請求されることも珍しくありません

もちろん、盗難や紛失も弁済しないといけないため、WiFiレンタルで借りた端末は慎重に取り扱うことが重要。

また、各社では紛失や故障した場合に修理費用が免除される補償プランを用意していることが多いです。

リスクヘッジのためにも、補償プランに加入しておくことをおすすめします

✓ポイント

高額な修理費用に備え補償プランへの加入がおすすめ

料金プランに加え送料負担が生じる

国内向けのWiFiレンタルの場合、料金プランだけの支払いが生じる訳ではありません。

レンタル費用に加え、端末の郵送・返却にかかる送料が生じる場合がほとんどです。

また、空港受取りを選択した場合でも受取手数料が発生してしまうため、レンタル料金以外にも費用がかかることを想定しておきましょう。

補償プランやモバイルバッテリーなどオプションサービスもあるので、国内向けWiFiレンタルを比較する場合は料金プランだけでなく、トータルコストで比較することがおすすめです。

✓ポイント

国内向けWiFiレンタルは合計費用で比較がポイント

返却期限を超えると延滞料金が発生

WiFiレンタルは、レンタル期間が過ぎると延滞料金が発生してしまうため、余裕を持って借りておくことをおすすめします。

特にWiFiレンタルの場合は、端末を郵送や宅配で返送することが多いので、返却期限のタイミングを確認しておくことが重要

返却期限はWiFiレンタルによって異なるので、勘違いにより延滞料金の負担が生じないように注意しましょう。

また、延長申請が可能な場合もあるので、返却期限に間に合わなくなった場合は前もって申請しておくのも1つです。

✓ポイント

延滞料金が発生しないよう返却期限に注意

こんなシーンで国内向けWiFiルーターの短期レンタルがおすすめ

WiFi環境下での利用が当たり前になっていると、例え短期間であっても、WiFiが使えない場合に不便さを感じてしまいます。

モバイルWiFiルーターを短期レンタルする際は、シーンに合わせた機種選びが快適に利用するための重要なポイントです。

続いて、WiFiの短期レンタルが適しているシーンをいくつか見ていきましょう。

短期間の国内旅行や出張

短期間の国内旅行や出張でWiFiを利用したい場合は、固定契約よりも短期レンタルがおすすめです。

都市部ならホテルやカフェのフリーWiFiだけで乗り切ることも可能ですが、地方ではWiFi環境が整っていないケースがまだ少なくありません。

地方に滞在している間もWiFiでの高速通信を楽しみたい方は短期レンタルが適しているでしょう。

また、出張などビジネスでインターネットを利用する場合は不特定多数で接続可能なフリーWiFiだとセキュリティ面で不安

WiFiレンタルで利用できるモバイルwifiルーターなら接続が暗号化されているので、フリーwifiよりも安全に業務が行えておすすめです。

海外からの一時帰国

国内から海外へ旅行するときと同様、普段は海外に住んでいて一時的に日本へ帰国したという場合も短期レンタルの利用が便利。

前述したように、キャリアの国際ローミングは通信料が高く費用面でのデメリットが大きいです。

また、国内はまだまだ海外に比べてフリーWiFiが利用できるスポットも限られている場所も多いので、帰国中はレンタルを利用するのがおすすめです。

WiMAXルーターのお試し利用

モバイルWiFiルーターの固定契約を検討している方は、レンタルサービスで端末のお試し利用をしてみるのもおすすめ。

国内のほぼ全域をカバーしていても、ネットを利用する場所や環境によっては期待以上の満足度が得られないことも。

エリアや通信速度を確認してから購入することで、購入後に不満を感じるリスクを減らすことができるでしょう。

✓ポイント

国内旅行や出張、一時帰国、試用での利用がおすすめ

Mobile Peaceは急にモバイルWiFiルーターが必要な場合も安心・おすすめ

最後に、国内向けWiFiの短期レンタルの際に利用したいおすすめサービス「Mobile Peace」をご紹介。

Mobile Peaceはまだ新しいサービスですが、手続きが簡単で料金も安いと注目を集めています。

Mobile Peaceがおすすめされる理由

Mobile PeaceでWiFiの短期レンタルを利用するメリットとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 平日16時までの申し込みで最短翌日受取が可能
  • 店舗・空港カウンターで直接受取可能
  • ルーター代のみでレンタルできる
  • 急なレンタルでも期間割でお得に利用
  • 海外プランの利用も可能

Mobile Peaceでは、平日16時までに申し込みを行うことで最短即日発送に対応。

離島など一部地域を除き、急な出張などで「明日から使いたい」という場合でも間に合わせることができます。

また東京・北海道・福岡にある店舗や主要空港のカウンター、その他指定住所での受け取りも可能です。

移動のついでルーターを受け取りたい場合は、最寄りのカウンターを指定すると便利でしょう。

まとめ

✓ポイント
  • WiFiを短期レンタルする際は、用途や通信エリアに合わせて機種を選ぶのがポイント
  • 短期レンタルのサービスは数日間の旅行や出張、また固定契約前のお試し利用に適している
  • 1日からレンタルできるMobile Peaceがおすすめ

Mobile Peaceは様々な用途に合わせ、WiMAXやソフトバンクのポケットWiFiなど6種類のルーターを取り扱っています。

必要最低限の利用で十分な方も、オンラインゲームや動画視聴を楽しみたい方も、ぜひMobile Peaceでの短期レンタルを検討してみてくださいね。

mobile-peace 国内WiFiレンタル