マレーシア観光に!おすすめWiFiレンタルサービスの料金・口コミ紹介

マレーシア旅行におすすめのWiFiレンタルサービスを解説

マレーシアは、近代的な街並みと手付かずのジャングルが共存する世界的にも人気の観光地です。

日本からも毎年多くの観光客が訪れているマレーシアですが、滞在するエリアによってはインターネットが繋がりにくい可能性も。

マレーシア旅行中も快適にインターネットを楽しみたい方は、WiFiレンタルサービスの利用がおすすめです。

ここでは、マレーシア旅行でWiFiレンタルサービスをおすすめする理由と、フリーWiFiを利用する際の注意点について解説しています。

マレーシア対応のおすすめWiFiレンタルサービスも紹介しているので、マレーシアへの旅行や出張を予定している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

マレーシア旅行でWiFiレンタルが活躍するシーン

クアラルンプールなどの都市部は日本よりもフリーWiFiの環境が整っており、レストランやカフェであれば基本的にどこでもWiFiが利用できます。

一方でジャングルや海のあるエリアではWiFi環境がないため、個人でレンタルしたルーターを持ち歩くのがおすすめです。

マレーシア滞在中にWiFiレンタルが役立つ場面として、以下のようなケースが挙げられます。

  • 地図アプリを利用しながらの現地移動
  • 観光スポットや飲食店の検索
  • 友達や家族と通話アプリで連絡を取り合う
  • 旅行中の写真を現地でシェアしたいとき

初めてマレーシアを訪れた場合など、現地の地理に慣れていない状態のときは、地図アプリの存在が欠かせません。

またマレーシアの観光地や飲食店などを調べる際もインターネットが活躍しますよね。

このように、旅行中は様々な場面でWiFiが必要となり、その都度フリーWiFiのスポットを探すのは一苦労です。

あらかじめWiFiルーターをレンタルしておけば、場所を選ばずいつでもWiFi接続ができるため非常に便利です。

海外でフリーWiFiにアクセスする際の注意点

マレーシアは比較的フリーWiFiの環境が整っている国ですが、フリーWiFiを利用する際は様々なリスクが伴うことを理解する必要があるでしょう。

続いて、海外でフリーWiFiに接続するときの注意点について解説していきます。

個人情報が必要なサイトへアクセスしない

フリーWiFiは誰でも無料で接続できる手軽さが魅力の一方、悪意のある利用者が周囲に紛れ込んでいるリスクも持ち合わせています。

特にレストランやカフェが提供しているものではない、いわゆる「野良WiFi」を利用した場合、閲覧履歴や個人情報を抜き取られてしまう可能性も。

フリーWiFiを利用する際は、ログインや個人情報の入力が必要なサイトへの接続を避けるようにしましょう。

フリーWiFiのなりすましに注意

レストランやカフェが提供しているフリーWiFiのSSID・セキュリティキーを真似した「なりすましSSID」にも注意が必要です。

こちらも野良WiFi同様、接続することで個人情報を盗まれたり通信内容を改ざんされたりする可能性があります。

接続しようとしているSSIDが本物であることを確認してから選択するようにしましょう。

WiFiを使わない間は設定をオフにする

スマホのWiFi接続をオンにしたままマレーシア内を移動していると、知らず知らずのうちにフリーWiFiへ接続されてしまうケースがあります。

誤って野良WiFiなどに接続する可能性もあるため、必要なとき以外はWiFiの設定をオフに切り替えておきましょう。

マレーシア旅行でルーターをレンタルするメリット

マレーシアに限らず、フリーWiFiには様々なリスクが潜んでいるため、個人情報の送受信やビジネスにかかわる利用は避けた方が安心です。

ここからは、マレーシア旅行でWiFiルーターをレンタルするメリットについて詳しく見ていきましょう。

複数人でシェアすればお得に利用できる

マレーシア旅行でWiFiレンタルを申し込む際、1人1台ではなく、みんなで1台を利用するのもおすすめです。

1台で10台以上のデバイスを接続できるモバイルルーターも多く、常に一緒に行動するのであればシェアという形をとっても問題ないでしょう。

レンタルするルーターが少ないほど料金も安く済むので、インターネットの部分にあまりお金をかけたくない場合はシェアでの利用も検討してみてください。

フリーWiFiよりも通信速度が安定している

マレーシアはフリーWiFiの環境自体は整っていますが、日本と比較するとその通信速度はやや遅め。

特に観光地などは多くの人が同時に接続を行うため、混雑する時間帯などは通信状況が不安定になりやすいです。

一方WiFiレンタルを利用すれば、自分専用のモバイルルーターを持ち歩けるため混線を気にする必要がありません。

セキュリティキーが設定されているため他の人にアクセスされる危険性もなく、安心してWiFi接続を行うことができるでしょう。

マレーシアにも対応!おすすめWiFiレンタルサービス【Mobile Peace】

最後に、海外利用向けのWiFiルーターを取り扱うおすすめサービス「Mobile Peace」についてご紹介。

料金プランや補償内容をまとめているので、海外向けのWiFiレンタルサービスをお探しの方はチェックしてみてくださいね。

Mobile Peaceの料金プランと口コミ

Mobile Peaceで取り扱っている海外利用向けのルーターは「G3」の1種類のみです。

利用する国にかかわらず、1日あたり980円の定額料金で500MBの大容量を利用できるプランとなっています。

レンタル料金と送料のみで利用できるため、他のWiFiレンタルサービスと比較してもお得なサービスと言えます。

Mobile Peaceを実際に利用したユーザーからの口コミは以下の通りです。

スムーズにレンタルできて便利だった。
自宅以外の場所を指定したので不安だったが、きちんと指定日に届いて安心した。
サポートの方がとても親切で、安心して利用することができた。
レンタルするときも、返却するときも手続きがとても簡単だった。

安心の補償プランとその他オプション

Mobile Peaceでは通常の料金プランの他、万が一のときの補償として2種類のオプションを用意しています。

故障保障・紛失保障が付いたWiFi保障サービスライト(50円/日)と、水没保障も含むワイド(80円/日)があるので、滞在先に応じて検討してみましょう。

それぞれの補償内容は以下の通りです。

故障保障レンタル期間中に不具合が起きた場合、修理や交換にかかる費用が免除される
紛失保障レンタル端末を紛失した場合、19,800円の負担で済む(通常は38,400円)
水没保障レンタルした端末が水没によって故障した場合、無料で端末を交換できる

Mobile Peaceの対応国一覧

Mobile Peaceの海外用プランは世界100ヶ国以に対応しており、マレーシアをはじめとする以下の人気旅行先で接続することが可能です。

アジア韓国・中国・台湾・香港・ベトナム・タイ・シンガポール など
北米・南米ハワイ・グアム・カナダ・メキシコ・ブラジル・チリ など
ヨーロッパスペイン・イタリア・ベルギー・フランス・スイス・イギリス など
オセアニアオーストラリア・ニュージーランド・グアム など
アフリカエジプト・ガーナ・モロッコ・ケニア など

申し込み方法と受取・返却の流れ

Mobile PeaceでWiFiレンタルを利用する際は、以下の手順で受取・返却を行います。

  1. レンタルサービスのWEBサイトから申し込み
  2. 配送されたルーターの受け取り
  3. 帰国後、日本国内のポストへ投函して返却

Mobile Peaceは東京・福岡・北海道に店舗を持っており、こちらでルーターの受け取りを行うことも可能です。

また羽田空港や関西国際空港など日本国内の主要空港カウンターでも受け取りができるため、出発時に手続きを済ませたい方はぜひ活用してみてください。

※現在空港での受け取りは休止しています。

ただし、空港配送には4日程度の時間がかかるため、当日申し込み・受取を行うことはできません。

マレーシアへの渡航が決まった時点で予約を済ませ、スムーズに受け取りができるよう準備しておきましょう。

まとめ

✓チェック
  • マレーシア滞在中は、ショップの検索や地図アプリの利用など様々なシーンでWiFiが必要となる
  • 海外のフリーWiFiはセキュリティ面でのリスクが高いため、安全性の高いモバイルルーターの利用がおすすめ
  • 複数人でシェアすれば、よりお得な価格でモバイルルーターをレンタルできる

Mobile Peaceは1日たったの980円で500MBもの大容量を使えるお得なレンタルサービスです。

マレーシアへお出かけ予定の方は、ぜひMobile Peaceを活用して快適なネット接続をお楽しみくださいね。