海外旅行前にチェック!フリーWiFiの危険性とレンタルサービスの使い方

ワイファイレンタルの必要性を海外のフリーwifi事情から解説

海外でスマホやパソコンをインターネットに接続する際は、WiFiが必要となります。

日本国内ならWiFiがなくてもインターネットを利用できますが、通信エリアから外れた海外で同じ使い方をしてしまうと高額な料金が発生します。

また海外にもフリーWiFiのスポットはあるものの、個人情報を扱うような場合は専用の端末をレンタルして持ち歩く方が安心です。

ここでは、海外旅行の際にインターネットを利用する方法とフリーWiFiの危険性、またレンタルのメリットなどを解説しています。

海外用WiFiレンタルサービスの利用手順も紹介しているので、海外旅行中のネット接続についてお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

海外旅行にレンタルWiFiは必要?

海外など土地勘のない場所へ出向く際は、スマホの検索機能や地図機能を利用する頻度が高くなります。

まずは、海外でスマホが活躍するシーンとインターネットの接続方法について詳しく見ていきましょう。

海外旅行中のスマホ活用事例

海外でスマホが必要になるシーンとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 周辺の観光スポットやお店の情報を調べる
  • 目的地までの道案内
  • 同行者とはぐれた場合の連絡手段 など

WEBサイトを少し閲覧する程度なら問題ありませんが、位置情報の送受信が必要となる地図機能などは通信量の消費が大きくなりやすいです。

海外用のパケット定額プランやWiFiを利用しないまま長時間インターネット接続を行うと、あとから高額な料金の請求を受ける可能性も。

何度も地図を確認したり、WEBサイトを常時開いたりするような場合は、WiFi環境下での利用がおすすめです。

無料の通話アプリなどを使う場合でも、通信量は消費しているので注意しましょう。

海外でインターネットを利用する方法

海外でインターネットに接続する手段として、以下の4つの方法があります。

  • フリーWiFiスポット
  • 国際ローミングプラン
  • 現地SiMカードの購入
  • モバイルルーターのレンタル

フリーWiFiスポット

日本国内同様、海外にも無料でWiFiを利用できるフリーWiFiスポットが存在します。

WiFiの届く範囲内であれば誰でも無料で接続できるため、一時的にインターネットを使いたい場合に便利。

パスワードが付いていないことも多く、SSID(アクセスポイントの名前)を選択するだけで接続が完了します。

しかし、手軽で使いやすい反面セキュリティが弱く、情報を悪用されるリスクがあるというデメリットも

フリーWiFiを利用する場合、ネットショッピングや個人情報の入力を伴う仕事などは避けた方が良いでしょう。

国際ローミングプラン

日本国内で契約したスマホを海外で使った場合に、現地の通信設備を通して国内キャリアのサービスを受けることを「国際ローミング」といいます。

大手携帯電話会社(au・ドコモ・ソフトバンク)はこの国際ローミングに対応しており、1日あたりの定額料金制で利用することが可能。

1日単位で課金されるため、海外旅行中の数日だけ国際ローミングを利用するといったこともできます。

ただし、国際ローミングの料金は1日あたり2,000円~3,000円程度と比較的高めです。

海外旅行や出張が長期間にわたる場合は別の方法を検討した方が良いでしょう。

現地SiMカードの購入

現地のキャリアに対応したSiMカードを購入して差し替えるというのも1つの方法。

SiMカードを差し替えることで、現地料金でインターネットを利用できるようになり、通信料金を安く抑えられるのがメリットです。

多くはプリペイド式になっており、料金を使いすぎる心配もありません。

ただしSiMカードの差し替えを利用するには、事前にスマホのSiMロックを解除しておく必要があります。

接続先の設定なども必要となるため、他の方法と比較して上級者向けの操作と言えるでしょう。

モバイルルーターのレンタル

セキュリティの高さを維持しつつ、安い料金でWiFiを使いたい場合は、海外用のモバイルルーターを事前にレンタルして持ち歩くのがおすすめ。

1日あたり1,000円以下でレンタルできる格安サービスもあり、国際ローミングを利用するよりもお得です

またキャリアスマホ・格安スマホ問わず利用でき、「難しい設定は良く分からない」という方でも安心。

ルーター配送までに数日かかる場合があるため事前の申し込みが必要ですが、最も安全でお得なWiFi利用方法となっています。

✓ポイント

海外のフリーwifiスポットは便利な分リスクも高いのでコストパフォーマンスの優れたWiFiレンタルがおすすめ

海外でフリーWiFiを使う場合の注意点

海外でのインターネット接続には海外用WiFiルーターのレンタルがおすすめですが、短期旅行の場合はフリーWiFiで済ませたいと考える方もいるでしょう。

しかしフリーWiFiにはセキュリティ面が弱いというデメリットがあるため、通信する内容に注意が必要です。

続いて、海外フリーWiFiの危険性と利用上の注意点について詳しく見ていきましょう。

個人情報が必要なサイトへアクセスしない

フリーWiFiは誰でも簡単に接続できることから、悪意を持った利用者が周囲に紛れ込んでいる可能性も十分に考えられます。

閲覧履歴や入力した情報を抜き取られるリスクがあるため、個人情報の入力が必要なものは利用しないことをおすすめします。

ログイン認証が必要なSNS・WEBサイトの利用も避けた方が良いでしょう。

フリーWiFiのなりすまし

フリーWiFiと同じ名前のSSID・セキュリティキーを設定した「なりすましSSID」にも要注意。

間違えてなりすましのSSIDに接続すると、フリーWiFiと同様に個人情報を盗まれたり通信内容を改ざんされたりする危険性があります。

フリーWiFiに接続する際は、本物のSSIDであることを確認してから選択するようにしましょう。

またホテルやカフェのWiFiを通じてウイルスを拡散させるハッカーも存在します。

どうしてもフリーWiFiを使って個人情報のやり取りを行いたい場合は、VPNアプリなどで対策しておくことをおすすめします

必要のないときはWiFiをオフにする

WiFiをオンにしたまま行動していると、スマホが勝手にフリーWiFiを見つけて接続してしまうというケースがあります。

悪意のあるWiFiに接続してしまう可能性もあるため、必要時以外はWiFiをオフに設定しておきましょう。

✓ポイント

海外のフリーwifiスポットを利用する場合は、個人情報の必要なサイトは控え、VPNアプリを活用して接続する

ルーターをレンタルするメリット

海外のフリーWiFiには様々なリスクが潜んでおり、重要な情報のやり取りにはおすすめできません。

仕事で海外に行く際は、モバイルルーターのレンタルサービスを利用するのが便利です。

ここからは、ルーターをレンタルするメリットについて解説していきます。

複数人でシェアすればお得に

モバイルルーターが1台あれば、複数の端末からWiFiを使ったインターネット接続が可能となります。

そのため、ルーターを1台だけレンタルして同行者とシェアする形にすれば費用を安く済ませられるでしょう。

1台ごとに設定が必要な国際ローミングよりも圧倒的にお得です

通信速度が安定している

フリーWiFiは利用範囲が限定されており、かつ多くの人が同時に接続することで回線が混雑して速度が低下するなどの不便が目立ちます。

一方レンタルWiFiを持ち歩いていれば、基本的にどこからでもWiFiに接続することができます。

セキュリティキーがあるため知らない人に接続される心配もなく、常に安定した通信を行えるでしょう

ただし、レンタルWiFiの多くは1日に利用できる通信量に制限が付いており、使いすぎると回線が停止してしまう点に注意が必要。

動画視聴やオンラインゲームを行いたい場合は、500MB以上の大容量通信が可能なレンタルサービスを利用するのがおすすめです。

✓ポイント

複数人で海外WiFiレンタルの料金をシェアすればお得ないっぽう、データ容量には注意が必要

海外用WiFiレンタルサービスの利用方法

海外へ渡ってからWiFiをレンタルすることも可能ですが、現地での手続きに慣れていない方は日本でレンタルしておく方がスムーズです

最後に、WiFiをレンタルする際の手順と人気のレンタルサービスについて紹介していきます。

ルーター受取・返却の流れ

WiFiのレンタルを利用する際は、以下の手順で受取・返却を行います。

  1. レンタルサービスのWEBサイトから申し込み
  2. 配送されたルーターの受け取り
  3. 海外または国内で利用
  4. 日本国内のポストへ投函して返却

WiFiレンタルを行う業者は店舗を持っていないことも多いため、基本的にWEBサイトからの申し込みになると覚えておきましょう。

また海外利用の際は渡航先の国によって端末が対応していないケースもあります。

事前にレンタルする端末が滞在先に対応していることを確認してから申し込みへと進んでくださいね。

空港受取を選択できるサービスが便利

海外旅行の際は空港から飛行機を使って移動することが多いため、空港での受け取りが可能なレンタルサービスを利用する良いでしょう。

自宅に置き忘れる心配や店舗まで取りに行く手間がなくなり、スムーズにルーターを受け取ることができます。

空港で当日レンタルできるサービスもありますが、在庫によっては希望する端末が借りられない可能性もあるため、事前に予約しておくのがおすすめ。

長期レンタルの場合はモバイルバッテリーなどもまとめてレンタルすると便利です。

定額料金でレンタルできる「mobile-peace」

mobile peaceは国内・海外で利用可能なモバイルルーターを扱うレンタルサービスです。

海外用プランは1日980円の定額制になっており、国際ローミングと比較して格安価格でWiFiを利用できるのがメリット。

対応国は100ヶ国以上あり、以下の人気旅行先などで接続することができます。

アジア韓国・中国・台湾・香港・ベトナム・タイ・シンガポール など
北米・南米ハワイ・グアム・カナダ・メキシコ・ブラジル・チリ など
ヨーロッパスペイン・イタリア・ベルギー・フランス・スイス・イギリス など
オセアニアオーストラリア・ニュージーランド・グアム など
アフリカエジプト・ガーナ・モロッコ・ケニア など

またmobile peaceなら無料でモバイルバッテリーのレンタルが可能

受取手数料も無料なため、他のレンタルサービスよりもお得に海外用WiFiルーターをレンタルできます。

レンタル費用を抑えたい方はmobile peaceの利用がおすすめです。

まとめ

✓チェック
  • 海外でWiFiを利用する場合、フリーWiFi・国際ローミング・現地SiMなどの方法がある
  • 安全かつお得に海外WiFiを利用するならルーターのレンタルがおすすめ
  • フリーWiFiは悪用のリスクが高いため利用は最低限に抑えた方が良い

海外旅行ではお店検索や道案内など、スマホでインターネットを利用する機会が増えます。

海外でも快適にインターネットを楽しめるよう、利用量や日数に応じた最適なプランを見つけてみてくださいね。

mobile-peace 海外WiFiレンタル