国内のおすすめWiFiレンタルサービス紹介!オプション利用で更に便利

オプションプランからおすすめワイファイレンタルを解説

旅行や出張、入院などで一時的にWiFiルーターを持ち歩きたい場合、端末を購入するよりもレンタルサービスを利用した方がお得です。

レンタルサービスなら最短1日からルーターを借りられ、1日あたり数百円~1,000円程度と料金も格安。

容量無制限の機種を取り扱っているサービスもあり、様々なシーンで活用できます。

ここでは、WiFiレンタルサービスの概要とオプションの種類について解説しています。

レンタルする際のWiFiルーターの選び方なども紹介しているので、WiFiのレンタルサービスを検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

WiFiレンタルはどんなサービス?

初めてWiFiレンタルサービスを利用する場合、「料金はいくらぐらい?」「いつまでレンタルできるの?」といった疑問が浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

まずは、WiFiレンタルがどのようなサービスなのか、概要と申し込み方法について詳しく見ていきましょう。

解約料金なしでルーターの短期契約ができる

通常、携帯ショップなどでWiFiルーターを購入すると2年~3年の契約期間縛りが発生します。

月々の利用料金と別にルーター代がかかる他、期間中に解約をすると解約料金も支払わなければいけません。

3年以上利用する予定がある場合は良いですが、短期利用の場合は非常に割高になってしまいます。

一方WiFiのレンタルサービスであれば、最短1日から希望の期間のみルーターを利用することが可能

レンタルなので本体代を支払う必要もなく、途中で解約しても解約料金が発生することはありません。

数日~数ヶ月程度の利用なら購入よりもレンタルの方がコスパが良いと言えるでしょう。

用途に合わせて端末・プランを選択

多くのWiFiレンタルサービスでは、容量や速度の異なる端末を複数取り扱っています。

動画やゲームを操作する場合は無制限の端末、最低限の利用であれば少しスペックを落として料金の安い端末を選ぶなど、用途に合わせて自由に選択できるのが特徴。

WiMAXやポケットWiFiといった人気の端末もレンタルできるため、購入前のお試し利用としてレンタルサービスを利用する方もいます。

購入後のトラブルを避けたい場合は、あらかじめレンタルサービスで気になる機種を利用してみると良いでしょう。

ネットで手続き完了!受取・返却も簡単

WiFiのレンタルサービスを利用する際は、インターネットから申し込みを行うのが一般的です。

希望の端末や利用期間などを設定して申し込みを行いましょう。

通常は2~3日程度で手元に届きますが、地域によっては配送までに時間がかかるケースがあるため、なるべく余裕を持って予約するのがおすすめ。

レンタル期間終了後は返送用の封筒に端末を入れ、近くのポストに投函して返却を行います。

日本国内であればどこからでも返却できるため、わざわざ店舗へ出向かなくて良いという手軽さもレンタルサービスの魅力です

✓ポイント

WiFiレンタルは短期の利用ならお得で便利に高速インターネットに接続できるのが魅力

レンタルする際はオプションの利用が便利

「WiFiと一緒にバッテリーもレンタルしたい」「万が一に備えた補償を付けたい」といった場合には、オプションプランの利用がおすすめです。

続いて、WiFiのレンタル時に選択できる便利なオプションサービスについて詳しく見ていきましょう。

モバイルバッテリーなど周辺機器もまとめてレンタル

WiFiレンタルサービスの中には、モバイルルーターと合わせてバッテリーやACアダプタのレンタルを行っているところも少なくありません。

仕事で常時WiFi接続が必要な場合や、滞在先でしっかり充電を行いたい場合は、各種充電器も一緒にレンタルすると安心です

また海外利用向けにSiMカードやVPN付きプランを提供しているレンタルサービスもあります。

SiMの差し替えができる方やネット規制を行っている国へ出向く際はこちらの利用も検討してみると良いでしょう。

補償を付ければ万が一の場合も安心

レンタル期間中にルーターを壊したり紛失したりした場合、あらかじめ補償サービスに加入していれば弁償金を抑えることができます。

例えば、補償サービスに加入している場合と未加入の場合では、弁償金が以下のように異なります。

補償項目加入している場合未加入の場合
WiFiルーター0円~本体代の半額程度本体代の全額程度
SIMカード0円2,000円~20,000円程度
ACアダプタ0円3,000円程度
モバイルバッテリー0円3,000円程度
電池パック0円4,000円程度

補償サービスは1日数十円程度で加入できるため、あまり大きな出費には感じないでしょう。

盗難のリスクが高まる海外での利用や、国内でも長期レンタルを予定している場合は、補償サービスを利用した方が安心です。

✓ポイント

オプションプランの内容や料金もWiFiレンタルを便利に安心して利用するためには重要なポイント

WiFiルーターの選び方とおすすめサービス

最後に、レンタルサービスを利用する際のWiFi端末の選び方について解説していきます。

お得にWiFiのレンタルができるおすすめサービスも紹介しているので、どこでレンタルしようかお悩みの方は参考にしてみてくださいね。

利用エリアと通信量をチェック!

WiFiルーターは端末によって対応しているエリアと月々の通信量上限が異なります。

国内で人気の高いWiMAX・ポケットWiFiのプラン例は以下の通りです。

WiMAXポケットWiFi
対応エリアWiMAX2+回線およびau 4G LTE回線のカバーエリアソフトバンク LTE回線のカバーエリア
帯域制限無制限/月7GB~無制限/月

au 4G LTE回線とソフトバンク回線はいずれも国内の9割以上をカバーしていますが、地方や山間部などでは利用できない可能性も。

利用用途と合わせて、滞在先のエリアがどの機種に対応しているのかを調べてからレンタルの手続きを行うようにしましょう。

また月の通信量が無制限となっている端末であっても、短期間で大容量の通信(3日で10GBなど)を行うと速度制限を受けることがあります。

無制限プランだからといって一気に容量を使いすぎないよう注意しましょう

おすすめWiFiレンタルサービス

取り扱い端末や料金システムなどはWiFiレンタルサービスごとに特徴があり、どこでも同じというわけではありません。

ここでは、長期レンタルにおすすめの「縛りなしWiFi」と、短期レンタルにおすすめの「Mobile Peace」について紹介していきます。

期間縛りなしの定額レンタル「縛りなしWiFi」

縛りなしWiFiは月々の定額制プランでありながら、契約期間の縛りがないという特徴を持つレンタルサービスです。

最低利用期間の1ヶ月を経過すれば、以降はいつ解約しても解約料金が発生することはありません。

縛りなしWiFiのプランと取り扱い端末は以下の通り。

プラン通常プランライトプランWiMAXプラン
帯域制限無制限/月・2GB/日20GB/月無制限/月・10GB/3日
端末Softbank 801ZT/601HW/FS030WSoftbank 801ZT/601HW/FS030WSpeed Wi-Fi NEXT W06/W05/W04/WX05
月額3,300円(税抜)3,300円(税抜)4,300円(税抜)

※横スクロールで表全体が確認できます

この他、期間縛りが発生する代わりに月々の料金が安くなる「縛っちゃうプラン」も用意されています。

3年以上利用する予定がある方はこちらを検討してみても良いかもしれません。

容量無制限端末も選べる「Mobile Peace」

Mobile Peaceは最短1日からルーターのレンタルができるサービスです。

縛りなしWiFiと同様、WiMAXとポケットWiFiの各端末を取り扱っており、最安で1日150円程度(180日の場合)からレンタル可能。

またMobile Peaceでは法人向けの特別割引も実施しています。

昨今の働き方改革でリモートワークや在宅勤務を導入する際は、合わせてモバイルルーターのレンタルも検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

✓チェック
  • WiFiレンタルサービスは解約料金なしで好きなだけ端末を借りられるのが特徴
  • 補償や周辺機器のレンタルなどオプションサービスも充実している
  • WiFiをレンタルする際は利用エリアや通信量、料金を比較して検討することが大切

現在は外出先でも当たり前のようにインターネットを利用する方が増えています。

オプションサービスなどを活用し、より快適にインターネットを楽しめるよう工夫してみてくださいね。

mobile-peace 国内WiFiレンタル


縛りなしWiFi公式ホームページ

mobile-peace 海外WiFiレンタル