台湾に行く時に利用したくなる!おすすめなWiFiレンタルサービス

ワイファイレンタルは台湾へ行くのに必要か?おすすめをご紹介

日本のすぐお隣にある国「台湾」。東京から飛行機で約3時間の距離で、豊富な観光地と美味しい料理が数多で日本から訪れる方も非常に多いです。

そんな時に必ず必要になるのが現地で利用するWiFi環境。慣れない地域ではスマートフォンで検索することも多くなると思います。

具体的には、目的地までのルート、分からない言語を翻訳、SNSで画像や動画のシェア、など様々な用途でWiFiが必要になってきます。

台湾に行く際、WiFi環境をどう準備するべきなのか気になりますよね。

WiFiにも、現地のフリーWiFiやWiFiレンタル、SIMなどいくつもの選択肢があります。

本ページでは台湾に訪れる際に必要なWiFi事情から、あると嬉しい海外用ポケットワイファイ、WiFiレンタルのことを徹底的に解説していきますので是非ともご参照ください。

WiFiレンタルかフリーWiFiの選択肢がある

台湾を訪れる場合、WiFi環境の選択肢としては現地のフリーWiFiか日本で事前に借りるWiFiレンタルの2種類が存在します。

それぞれを簡単に説明します。

  • フリーWiFi

公共の場所、あるいは施設内で誰でも利用できるよう無料で提供されたWiFiスポットのことです。公衆無線LAN、無料Wi-Fiスポットなどと呼ばれることもあります。

  • WiFiレンタル

台湾や海外のインターネットに接続できるポケットWi-Fiルーターのレンタルサービス。このサービスを利用すると、海外にいても、日本国内にいるときのようにネットを快適に使うことができます。

WiFiレンタルは事前にネットで申し込み可能で、ルーター本体はお客様の指定場所で受け取ったり、出発前に郵送で受け取れます。

(場合によっては当日の対応が可能な場合もあります。)

また、海外WiFiレンタルは定額の料金プランとなっており、申し込みの段階で料金が確定します。

台湾のフリーWiFi対応状況

まずは現在の台湾におけるWiFiの環境を確認していきましょう。

実は、台湾は日本よりもフリーWiFiが充実しており、駅や空港、街の中の多くの公共交通機関ではTipei FreeやiTaiwanと呼ばれるフリーWiFiが整備されています。

そのため、台湾の観光地である台北をはじめ、多くの観光施設にはフリーWiFiが設置されていることがほとんどです。

また、ホテルや飲食店などでもそれぞれの施設でWiFi環境を整えていることが多く、台湾国内の都市部であればWiFi環境を探すことに日本ほど苦労はありません。

また、Wi-Fiを使い放題に利用できるので、台湾のフリーWiFiで好きなだけインターネットに接続することが出来ます。

ですが、そんな台湾のフリーWiFiにはデメリットが多く存在しますのでご紹介していきます。

使い放題のフリーWiFiのデメリット

日本のフリーWiFiでもそうですが、フリーWiFiにはいくつかの重大なデメリットが存在します。

  • 利用までの申請が大変

フリーWiFiの種類によって申請方法は異なりますが、多いのは「アカウントを作成して利用申請」、「電話番号(台湾現地の)を登録して申請」、「駅や空港でのインフォメーションセンターで申請」などです。台湾の空港であれば桃園空港や松山空港などで、到着したタイミングで申請することになります。

WiFiレンタル等の有料サービスを利用してしまえば、事前の申し込みをしてしまえば後はWiFiルーターを指定の場所(自宅や空港など)受け取って自由に利用できますが、初めて使用するフリーWiFiでは移動先でその都度申請が必要になるのでWiFiレンタルと比較するとあまりおすすめできません。

  • セキュリティ面での危険性

フリーWiFiのセキュリティについては台湾だけでなく日本でも同様なのですが、フリーWiFiには様々な人が接続しており、意図的に個人情報を抜き取ろうとしている人がいても不思議ではありません。

なので、フリーWiFiを利用する際は個人情報を入力するような画面を操作しない方が良い、ログイン動作があるページに行かないようにするなど避けるべき操作があったりします。

この辺りについては、台湾でフリーWiFiを利用する方の自己責任となりますので、万が一何か起きてしまっては遅く、リスクを避けるためにも有料のWiFiレンタルを利用することを検討してみてもいいでしょう。

  • 通信速度が遅い

こちらもフリーWiFiあるあるなのですが、当然多くの人が接続しているのでネットの通信速度は遅くなりがちです。特に公共交通機関や観光地にあるフリーWiFiは非常に多くの方が接続されるので、操作がなかなか出来ないことも多々あるので注意が必要です。

具体的な通信速度ですが、台湾のフリーWiFiは0.5~1.5mbps程度と言われている一方で、WiFiレンタルで借りられるWiFiルーターでは最低100mbps以上となっています。

SNSの閲覧や投稿、マップの操作、Webサイトやアプリの操作、動画や音楽の再生などで必要とされる通信速度は3~10mbpsと言われており、フリーWiFiでは繋がりにくさや操作のしにくさを感じるかもしれません。

以上が台湾フリーWiFiのデメリットになります。これ以外にも細かなデメリットがあり、台湾に行く際にWiFiレンタルで借りるなどの有料サービスを利用することをおすすめいたします。

台湾や海外旅行の際に必要となるWiFi容量

続いてWiFiレンタルを利用しようと考えたときに気になるのが、台湾に限らず海外旅行に行く際に知っておくべきWiFiの通信容量です。

台湾や旅行先でどの程度の通信容量を使うのかで、WiFiレンタルの契約プランが変わってきます。WiFiレンタルでは多くの場合、料金プランが「借りる日数」と「1日あたりの通信容量」で決まるからです。

なので、ご自身が利用する通信容量を事前に把握したうえで、無駄のないプランを選択しましょう。

まず、WiFiレンタルでは1日ごとに容量上限が決められていることがほとんどです。

決められた通信容量を超えてしまうとその日は通信制限がかかってしまい、次の日まで低速になってしまいます。

通信制限を回避するには、旅行中にどのくらいネットを利用するのか、また何人で端末を使うのかなど計画を立ててから端末を選ぶことが非常に大切です。

ここからは、海外旅行におけるWiFiレンタルのプランの選び方について解説していきます。

最低限の利用なら250~300MBで問題なし

台湾旅行中は最低限の連絡やマップの利用が中心で、長時間のSNSや動画視聴はほとんど行わないという方は250~300MBのプランで問題ないでしょう。

容量の少ない端末はレンタル料金も安いため、費用を抑えたい方にもおすすめです。

通信制限を回避するなら500MB前後が安心

観光などでマップを頻繫に利用する方や、SNSへ写真や動画をアップロードしたい方は500MB前後のプランを選んだ方が安心です。

また最低限の利用であっても、1台のWiFi端末を2人で使うような場合はこちらのプランが容量的にも安心出来るため良いでしょう。

以上が台湾に訪れる際に参考にしていただきいWiFiレンタルの通信容量でした。

多くの場合、WiFiレンタルされる際に500MB近辺のプランを選択されると非常に快適だと言えます。

WiFiレンタルのおすすめはMobilePeace

ここでは、台湾をはじめ海外に行かれる方におすすめの「MobilePeace」をご紹介します。

台湾のフリーWiFiは極力利用を避け、日本の海外用WiFiレンタルをお探しであれば、「MobilePeace」がとてもおすすめと言えます。

MobilePeaceのWiFiレンタルの特徴を簡単にまとめると基本的にWiFiレンタルに必要とされる受取手数料やバッテリー費用などは一切ありません。一目でわかる分かりやすい料金設定が特徴です。

WiFiレンタルをする場合はスマホやパソコンから24時間いつでも簡単にお申し込みが可能で、即日発送にも対応しているため基本的に翌日にはお届けできることも魅力の一つ。

事前に用意している台湾旅行ではなく、もし緊急の台湾出張などが決まった場合でも焦ることはありません。

WiFiの申し込みが可能であり、受け取りも勤務先や宿泊先、それ以外にも日本の出発空港での受け取りだけでなく当日の店頭受け取りにも対応しており、お家を出発する前にWiFi準備を整えたい方はご自宅への発送も可能になっています!

※現在は空港での受け取りが休止となっております。

WiFiレンタルに関して、どのような状況にも柔軟に対応することが可能なのもメリットの一つです。

ちなみに、WiFiレンタルが人気のMobilePeaceが送付可能な空港は成田国際空港第1ターミナル、成田国際空港第2ターミナル、羽田空港、関西国際空港、新千歳空港の5箇所になります。

これらの空港ではMobilePeaceの空港受け取りが出来ますので、空港で受け取りたい方や、急を要して空港が良い場合は活用すると良いでしょう。

※現在は空港での受け取りが休止となっているため、再開後受け取ることが可能となります。

一方で、台湾の空港(桃園国際空港/松山/高雄)では受け取りが出来ないため、出国前に日本でWiFiレンタルの手続きと受け取りが必要になります。

MobilePeaceの利用プラン

MobilePeaceのWiFiレンタルは台湾に限らず、どこの国でも一日一律980円の定額制で大容量の500MBが使用可能なプランのため、非常に格安となっていて、台湾での綺麗な街並みをSNSに大量にアップすることも可能です!

万が一WiFiレンタルを延長したい場合もスマホやパソコンから申請することが出来、延滞料金扱いにはならず、「追加日数×1,200円」でお使いいただけます。

また、返却についてはWiFiレンタルの返却は商品と一緒に梱包されているレターパックに入れてポストに投函していただくだけで完了します。

高性能ルーターで高速データ通信が可能

台湾をはじめ世界中のほとんどの国に対応しているグローバルWiFiルーター「Glocal me 03」という端末になります。こちらの端末は最高速度150mbpsと高速通信に対応しているため、台湾でお使いの際にとても快適にご利用いただけます。

オプションが豊富&便利で安心

台湾用のWiFiレンタルの際に気をつけていただきたいのが、オプションです。

WiFiレンタルの会社によっては高額な有料オプションを設定していることがあり、安いWiFiレンタルを選んだはずが、結果的に最初のプランより大幅に高くなるということが発生します。

その点、MobilePeaceは無料で「モバイルバッテリーの貸し出し」を行っており、台湾の旅行中、日中の移動中、に発生しうるバッテリー切れにも困らない無料サービスを実施しています。

それ以外では、有料でルーターの故障の際の保証もつけることも出来ます。

こちらは一日あたり価格が30円か50円と保証内容により異なるのですが、いずれにせよ非常に安い金額でWiFiレンタルのプランに保証をつけられます。

MobilePeaceでは割引などのキャンペーンをあまり実施していませんが、その代わりにいつもWiFiレンタルの中で業界最安級な定額を実現しています。

まとめ

✓チェック
  • 台湾に訪れる際はフリーWiFiではなくWiFiレンタルの利用が安心・安全
  • 一日あたり500MB程度の通信容量を目安にWiFiレンタルのプランを検討
  • 台湾に限らず、海外を訪れる際はMobilePeaceのWiFiレンタルがおすすめ

いかがでしたでしょうか?

台湾旅行にはフリーWiFiが向かないことから、WiFiレンタルにおすすめなMobilePeaceのプランや特徴など、台湾旅行を満喫するために覚えておきたいことをご紹介してきました。

MobilePeaceではそんな台湾旅行を皆さんに快適に過ごしていただくために全力で応援しております。

台湾に訪れる際は、MobilePeaceのWiFiレンタルを利用して、安心安全なネット環境を持って快適に過ごされることを願っております。

mobile-peace 国内WiFiレンタル


縛りなしWiFi公式ホームページ