WiFiルーターは持ち運び可能なモバイル型がおすすめ!性能・料金を比較

テレワーク・在宅勤務・リモートワークにおすすめできる持ち運びが便利なWiFiレンタルサービスをご紹介

テレワークの導入にともない、新たにWiFi環境の準備が必要になったという方も多いのではないでしょうか。

自宅だけでなく、外出先でもWiFiに接続してスマホやパソコンを操作したい場合は、持ち運び可能なモバイルルーターの利用がおすすめです。

ここでは、WiFiルーターの特徴や値段などを、据え置き型と持ち運び型の2種類に分けて比較・解説しています。

テレワークと相性の良い持ち運び型WiFiのレンタルサービスについても紹介しているので、WiFiルーターの契約を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

WiFiルーターには何がある?据え置き型と持ち運び型の違い

WiFiルーターには、自宅に設置して利用する据え置き型のルーターと、持ち運び可能な小型のモバイルルーターの大きく2種類があります。

まずは、据え置き型・持ち運び型それぞれの特徴と違いについて詳しく見ていきましょう。

固定回線用ルーター(据え置き型)

固定回線用ルーターは、自宅やオフィスなど一定の場所に設置して利用する据え置き型のルーターです。

光回線やASDLなどの固定回線を利用してインターネットに接続する場合に必要となります。

ルーター自体は家電量販店やECサイトで購入することができ、価格帯は3,000円~20,000円程度とやや広め

通信規格やスペックによって様々な種類があるので、必要なスペックに合わせて商品を選びましょう。

注意点として、固定回線用ルーターでインターネットを利用するには、先に固定回線の契約が必要となる点が挙げられます。

こちらは月額4,000円~6,000円程度の費用がかかる他、回線の引き込み工事に時間がかかるといった特徴があります。

ホームルーター(据え置き型)

ホームルーターも、固定回線用ルーターと同様に自宅やオフィスに設置するタイプの据え置き型ルーターです。

固定回線用ルーターとの大きな違いは、ホームルーターはルーター単体でインターネット接続ができるという点。

回線工事を行う必要がなく、コンセントを挿すだけですぐにWiFiを利用できるようになります。

ホームルーターはソフトバンクのSoftbank AirやUQのHOMEシリーズなど機種が限られており、スペックの比較がしやすいのも特徴です。

月額料金は3,000円~5,000円程度で、固定回線より安い費用で利用できるものもあります。

モバイルルーター(持ち運び型)

モバイルルーターは、特定の場所に縛られず、持ち運びをしながら利用することができるルーターです。

こちらも工事不要で申し込み後すぐに利用できる他、持ち運びが可能なため外出先でも快適にWiFi環境を整えられます。

また最近は固定回線並みのスペックがある持ち運びルーターも登場しており、自宅での主要回線に持ち運びルーターを選ぶ方も増えています。

月額料金はホームルーターと同様3,000円~5,000円程度。

性能の高さや工事不要の手軽さといった固定回線用ルーターとホームルーターのメリットを残しつつ、更に持ち運びも可能となったのがモバイルルーターなのです。

リモートワーク・在宅勤務の導入にともない、外出先でも自宅でもWiFiを使えるようにしたい方は、持ち運び可能なモバイルルーターがおすすめと言えるでしょう。

それぞれの特徴・違いをまとめると以下のようになります。

固定回線用ルーターホームルーターモバイルルーター
料金相場3,000円~20,000円(+月額4,000円~6,000円)月額3,000円~5,000円月額3,000円~5,000円
回線の安定性
通信速度
月々の通信容量上限なし端末・プランによっては上限なし端末・プランによっては上限なし
外出先での利用持ち運び不可持ち運び不可持ち運び可
開通工事必要不要不要

テレワークには持ち運びWiFiのレンタル利用がおすすめ

テレワークのためにインターネットの契約が必要になったというケースでは、持ち運びWiFiのレンタルサービスを利用するというのも1つの方法です。

続いて、持ち運びWiFiのレンタルサービスの使い方とメリットについて詳しく見ていきましょう。

WiFiレンタルサービスの仕組み

WiFiレンタルサービスとは、1週間や1ヶ月など、特定の期間だけ持ち運びWiFiをレンタルできるサービスのことです。

WEBサイトから24時間いつでも申し込みを受け付けているサービスが多く、店舗へ行かずに手続きを完了できるのが特徴。

WiFiレンタルサービスの利用の流れは以下の通りです。

  1. WEBサイトのフォームから希望端末・期間などを入力して予約
  2. ルーターが届いたらパスワードを入力して利用開始
  3. 期間終了後は返却用封筒に端末を入れてポスト投函にて返却

ルーターレンタルのメリット

持ち運びWiFiをレンタルで利用するメリットとして、以下のようなものが挙げられます。

申し込みから数日で利用できるようになる

持ち運びWiFiは事前の工事などが必要ないため、端末が手元に届き次第すぐに使えるのが特徴。

レンタルの場合は郵送にて端末を受け取ることになりますが、即日発送に対応しているサービスなら、最短で翌日から利用をはじめることができます。

送料無料のサービスもあるので、「余計な費用を払いたくない」「明日から使いたい」といった場合に便利です。

契約期間の縛りがない

通常、携帯ショップで持ち運びWiFiを契約した場合、2年~3年程度の契約期間が設けられます。

期間中に解約すると解約料金が発生してしまうため、短期間の利用には向かないというデメリットがあるのです。

一方レンタルであれば、最短1日から任意の期間だけ持ち運びWiFiを利用することが可能。

新型コロナウイルスの感染対策として一時的にテレワークを導入しているケースなど、短期間の利用が予想される場合はレンタルがおすすめです。

持ち運びWiFiをレンタルする場合の注意点

お得な料金で持ち運びWiFiを使えるレンタルサービスですが、利用の際は以下のポイントに注意が必要です。

ルーターを破損・紛失した場合は弁償金がかかる

通常、WiFiレンタルの際に支払う費用は期間に応じたレンタル料金のみで、ルーター本体の費用を支払う必要はありません。

しかし、レンタル中にルーターを壊してしまったり、紛失してしまったりした場合は、弁償金として本体代金の支払いが必要となるのです。

30,000円以上の高額な費用となるケースもあるので、契約時には減免が受けられる保証オプションを付けることをおすすめします。

レンタル期間に応じた料金プランの選択

持ち運びWiFiのレンタルサービスには、利用日数に応じて料金を支払うタイプと、月々の固定料金を支払うタイプの大きく2種類があります。

日数で計算するタイプの場合、短期間であれば安く利用できますが、期間が長くなると1ヶ月あたりの料金が高くなる可能性も。

また数日しか利用しないのに、月額タイプのレンタルを契約するのはもったいないでしょう。

どのぐらいの期間レンタルが必要なのかを踏まえ、相性の良いサービスを選ぶことが重要です。

人気機種の比較とおすすめのレンタルサービス紹介

持ち運びWiFiのレンタルを利用する際は、利用シーンに応じた機種選びもポイントです。

最後に、レンタルで人気の機種の比較と選び方、またおすすめレンタルサービスについて解説していきます。

持ち運びWiFiの人気機種を比較

ここでは、持ち運びWiFiの中でも人気の高い、WiMAXシリーズとポケットWiFi(ソフトバンク)のスペックをまとめてみました。

W06WX05W05Softbank 601HWSoftbank 801ZT
最大通信速度(下り)558Mbps(LTE利用時:867Mbps/有線:1,237Mbps)440Mbps558Mbps(LTE利用時:708Mbps)612Mbps112.5Mbps
最大通信速度(上り)75Mbps30Mbps75Mbps37.5Mbps37.5Mbps
サイズW64×H128×D11.9W111×H62×D13.3W55×H130×D12.6W109.9×H65.1×D15.5W71×H71×D14.2
重さ125g128g131g135g93g

※横スクロールで表全体が確認できます

容量の大きいデータを送受信したり、ビデオ会議などを頻繫に行ったりする場合は、通信速度の速い「W06」や「601HW」がおすすめ。

特にWiMAXは月々の容量を実質無制限で使えるプランも出ており、リモートワークや在宅勤務の割合が大きい方に適しています。

一方、週に1日~2日など、持ち運びWiFiを利用する頻度が少ない場合は、「WX05」や「801ZT」などでも対応できます。

スペックを落とした方がレンタル料金も安くなる傾向にあるので、スぺック重視または価格重視のどちらかによって機種を選ぶのも1つです。

全国配送に対応のおすすめWiFiレンタルサービス

上記の人気持ち運びWiFiを取り扱っているおすすめのWiFiレンタルサービスとして、以下の2社をご紹介します。

縛りなしWiFi

縛りなしWiFiは、月々の固定料金を支払うタイプのWiFiレンタルサービスです。

月3,300円からの低価格で持ち運びWiFiを利用でき、1ヶ月以上経過してれいればいつでも解約可能です。

縛りなしWiFiのプランごとの料金は以下の通り。

プラン通常プランライトプランWiMAXプラン
帯域制限無制限/月・2GB/日20GB/月無制限/月・10GB/3日
端末Softbank 801ZT/601HW/FS030WSoftbank 801ZT/601HW/FS030WSpeed Wi-Fi NEXT W06/W05/W04/WX05
月額3,300円(税抜)3,000円(税抜)4,300円(税抜)

※横スクロールで表全体が確認できます

この他、初回契約時に3,000円(税抜)の事務手数料がかかります。

Mobile Peace

Mobile Pieaceは最短1日から利用できるタイプのWiFiレンタルサービスです。

細かい機種の指定が行えるため、スぺック重視でこだわりたいという方におすすめとなっています。

Mobile Peaceの端末ごとの利用料金は以下の通りです。

Speed Wi-Fi NEXT W04Speed Wi-Fi NEXT W05Softbank 601HWSoftbank 801ZTSoftbank MF98NSoftbank E5383
帯域制限無制限/月・10GB/3日無制限/月・10GB/3日50GB/月60GB/月・2GB/日7GB/月無制限/月・3GB/3日
1日765円/日(税込)865円/日(税込)710円/日(税込)1,050円/日(税込)510円/日(税込)560円/日(税込)
7日650円/日(税込)750円/日(税込)610円/日(税込)413円/日(税込)435円/日(税込)480円/日(税込)
14日490円/日(税込)590円/日(税込)460円/日(税込)268円/日(税込)290円/日(税込)320円/日(税込)
30日290円/日(税込)390円/日(税込)275円/日(税込)180円/日(税込)170円/日(税込)180円/日(税込)
90日270円/日(税込)370円/日(税込)255円/日(税込)158円/日(税込)155円/日(税込)170円/日(税込)
180日255円/日(税込)355円/日(税込)235円/日(税込)141円/日(税込)135円/日(税込)150円/日(税込)

※横スクロールで表全体が確認できます

まとめ

✓チェック
  • WiFiルーターには、据え置き型と持ち運び型の大きく2種類がある
  • リモートワークなどで外出先でも利用したいという場合は持ち運びWiFiの方が利便性が高い
  • 持ち運びWiFiのレンタルなら、人気機種を取り扱う「縛りなしWiFi」や「Mobile Pieace」がおすすめ

場所に縛られず、移動中や外出先でも快適にWiFiを利用したい方には、持ち運び可能なモバイルルーターがおすすめです。

テレワークには、任意の期間でルーターを使えるレンタルサービスも相性が良いので、ぜひこの機会に利用を検討してみてくださいね。


縛りなしWiFi公式ホームページ

mobile-peace 国内WiFiレンタル