テレワークの通信費は会社負担になる?費用相場とおすすめ回線を紹介

テレワーク・在宅勤務・リモートワークにおすすめな通信費の安いサービスをご紹介

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけとして、テレワーク(リモートワーク・在宅勤務)による働き方を導入する企業が増えています。

テレワークをするうえで欠かせないのがインターネット通信ですが、必ずしも自宅の通信環境が整っているとは限らず、新たに回線契約が必要なケースもあるでしょう。

では、回線契約や利用にかかる通信費はどこまで企業で負担してもらえるのでしょうか。

ここでは、テレワークという働き方の概要と、リモートワークや在宅勤務の際に必要となる経費の種類・負担割合について解説しています。

月々の通信費の相場と、通信費節約におすすめのWiFiレンタルサービスも紹介しているので、テレワークにおける通信費が気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

テレワークの定義と勤務に必要な経費

そもそもテレワークとは、どのような働き方のことを指すのでしょうか。

まずはテレワークの概要と、テレワークで必要となる経費の種類について詳しく見ていきましょう。

テレワークという働き方の定義

テレワークとは、場所や時間にとらわれず、ICTを活用して柔軟に業務を行うという、1つの働き方のことです。

サテライトオフィスや近隣のカフェを利用する「リモートワーク」や、自宅で業務を行う「在宅勤務」などもテレワークと同義の言葉として使われています。

テレワークという働き方は以前からあったものの、勤怠管理や情報共有の難しさから導入はあまり進んでいませんでした。

しかし、働き方改革の推進や新型コロナウイルスの感染拡大といった世の中の動きに合わせ、現在では多くの企業で導入が進んでいます。

またICTの進化やテレワーク向けのツール開発も導入拡大の要因となっています。

リモートワーク・在宅勤務で発生する費用の種類と企業の負担割合

リモートワークや在宅勤務を行う場合、業務のために発生した通信費や水道光熱費を自分と会社のどちらが負担するべきなのか、というのも気になるポイントです。

労働基準法第89条では、「労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定めをする場合においては、これに関する事項を就業規則に定めなければならない」と規定されています。

テレワークで発生する具体的な費用の種類と、負担割合の取り決めとして多いケースは以下の通りです。

パソコンなどの周辺機器

テレワークに必要な通信機器(パソコン・周辺機器・スマートフォンなど)は会社から貸与するケースが多く、この場合は全額会社負担であることがほとんど。

個人所有のパソコンの場合、家族が利用することで情報漏洩のリスクがあるため、テレワークの際は会社側が備品を用意して費用も負担するのが一般的とされます。

インターネット利用による通信費

テレワークの導入以前から会社貸与で利用していたノートパソコンやスマホについては、通信費も含め全額を会社負担とするケースが多いです。

一方で、自宅におけるブロードバンド回線の工事費用や基本料金などは自己負担となることも。

また通信費は個人利用と業務利用の切り分けが困難なため、一定額を会社から支給する場合が多くなっています。

文具・備品・宅配便にかかる費用

業務に必要な文具類・備品などは会社負担で用意をするのが一般的。

消耗品はテレワーク中に従業員が買い足すことも考えられるため、領収書の提出方法などを事前に取り決めておくとスムーズです。

水道光熱費

在宅勤務の場合、これまでオフィスで過ごしていた時間も自宅で過ごすことになるため、電気代や水道代の負担額が増えてしまいます。

こちらも通信費同様、個人利用と業務利用の切り替えが難しく、基本的には費用の一部を手当として支給することが多いようです。

通信費の相場はどれぐらい?節約するならモバイルルーターがおすすめ

インターネット利用にかかる通信費は、どの方法でインターネット接続を行うのかによって異なります。

続いて、テレワークの導入にともなって新たに回線契約を行う場合の選び方について詳しく見ていきましょう。

1ヶ月の通信費の相場

自宅でインターネット利用を行う場合は、固定回線またはモバイルルーターのどちらかを契約することになります。

固定回線は自宅に光ファイバー回線を引き込んで有線で接続するため、通信速度が速くて安定しているのが特徴。

ただし、回線の引き込み工事に時間がかかる他、月の通信費の相場が4,000円~6,000円とやや高めになっており、費用面ではデメリットもあります。

一方モバイルルーターは、工事不要で契約後すぐに使えるのが特徴です。

持ち運び可能な小型サイズなので、在宅勤務はもちろん、サテライトオフィスやカフェなどでのリモートワーク中でもWiFi環境を整えられるのがメリット。

月の通信費の相場は3,000円~5,000円となっており、固定回線よりも安い金額でインターネットを利用できます。

通信費の負担を抑えるならモバイルルーターのレンタルが便利

「テレワークのためだけに固定回線やモバイルルーターを契約するのはちょっと……」という場合は、モバイルルーターのレンタルがおすすめです。

通常、固定回線やモバイルルーターを契約すると2年~3年の契約期間が発生し、期間中に解約した場合は解約料を支払わなければなりません。

テレワーク期間が短い場合、数か月のネット利用のために2年・3年と通信費を支払い続けるのはもったいないですよね。

そこでおすすめなのが、契約期間の縛りがないモバイルルーターのレンタルサービス。

レンタルなら任意の期間だけルーターを所有できるため、通信費の負担を抑え、効率的に活用することができます。

WiFiを使ってテレワークの通信費をカット!人気レンタルサービスを紹介

テレワーク時の通信費を抑えるにはモバイルルーターのレンタルがおすすめですが、レンタルサービスの数が多くて迷ってしまう方もいるでしょう。

最後に、テレワークと相性の良い人気WiFiレンタルサービスをご紹介します。

長期のテレワーク業務におすすめ【縛りなしWiFi】

縛りなしWiFiは、その名の通り契約期間の縛りなしで月額利用ができるWiFiレンタルサービスです。

最低利用期間は1ヶ月で、以降はいつ解約しても解約料を請求されることはありません。

月額制のため月々の通信費が計算しやすく、他のレンタルサービスと比較して通信費が安く済むのもおすすめポイントの1つ。

縛りなしWiFiのプランごとの料金とデータ容量は以下の通りです。

プラン通常プランライトプランWiMAXプラン
帯域制限無制限/月・2GB/日20GB/月無制限/月・10GB/3日
端末Softbank 801ZT/601HW/FS030WSoftbank 801ZT/601HW/FS030WSpeed Wi-Fi NEXT W06/W05/W04/WX05
月額3,300円(税抜)3,000円(税抜)4,300円(税抜)

※横スクロールで表全体が確認できます

この他、初回契約時に3,000円(税抜)の事務手数料がかかります。

また縛りなしWiFiには、テレワークにおすすめの法人向け大口プランも用意されています。

在宅勤務やリモートワークを行う従業員に対してモバイルルーターの貸与をお考えの方は、縛りなしWiFi出の契約を検討してみてください。

短期のテレワーク利用・出張にはこちら【Mobile Peace】

Mobile Pieaceは最短1日から任意の期間でレンタルができるサービスです。

1日単位で細かく利用期間を指定できるため、テレワーク期間が数週間程度の場合や、一時的な出張などに役立ちます。

Mobile Peaceでの取り扱い端末と利用料金は以下の通りです。

Speed Wi-Fi NEXT W04Speed Wi-Fi NEXT W05Softbank 601HWSoftbank 801ZTSoftbank MF98NSoftbank E5383
帯域制限無制限/月・10GB/3日無制限/月・10GB/3日50GB/月60GB/月・2GB/日7GB/月無制限/月・3GB/3日
1日765円/日(税込)865円/日(税込)710円/日(税込)1,050円/日(税込)510円/日(税込)560円/日(税込)
7日650円/日(税込)750円/日(税込)610円/日(税込)413円/日(税込)435円/日(税込)480円/日(税込)
14日490円/日(税込)590円/日(税込)460円/日(税込)268円/日(税込)290円/日(税込)320円/日(税込)
30日290円/日(税込)390円/日(税込)275円/日(税込)180円/日(税込)170円/日(税込)180円/日(税込)
90日270円/日(税込)370円/日(税込)255円/日(税込)158円/日(税込)155円/日(税込)170円/日(税込)
180日255円/日(税込)355円/日(税込)235円/日(税込)141円/日(税込)135円/日(税込)150円/日(税込)

※横スクロールで表全体が確認できます

まとめ

✓チェック
  • テレワークを行う際は、業務にともなってかかる通信費や水道光熱費の負担割合を就業規則で定める必要がある
  • テレワークに必要な経費の内、通信費については一部を会社負担としているケースが多い
  • 通信費を節約したい場合はモバイルルーターのレンタルサービスがおすすめ

テレワークにかかる通信費は、一部を会社で負担してくれる可能性が高いものの、基本的には自腹で工面していくことになります。

通信費の自己負担が大きくならないよう、ルーターのレンタルサービスを活用してお得にインターネットを利用しましょう。


縛りなしWiFi公式ホームページ

mobile-peace 国内WiFiレンタル