テレワークにはWiFiレンタルの利用がおすすめ!人気サービス・料金まとめ

テレワーク・在宅勤務・リモートワークにおすすめなWiFiレンタルサービスをご紹介

新型コロナウイルスの感染対策として、リモートワークや在宅勤務といった働き方を導入する企業が増えています。

テレワーク時は自宅や外出先でのインターネット利用が欠かせないため、環境が整っていない場合は早急に対応する必要があるでしょう。

ネット環境を整える手段はいくつかありますが、中でもおすすめしたいのがモバイルルーターのレンタル契約です。

ここでは、テレワークにレンタルWiFiをおすすめする理由と端末の選び方について解説しています。

テレワークでの利用におすすめのレンタルWiFiサービスも紹介しているので、これからリモートワークや在宅勤務が始まるという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

テレワークにモバイルWiFiルーターのレンタルをおすすめする理由

会社以外のスペースでテレワークを行う際は、持ち運び可能なモバイルルーターがおすすめです。

まずは、WiFiレンタルサービスの特徴と、固定回線を引いた場合との比較について詳しく見ていきましょう。

WiFiレンタルサービスの特徴

WiFiレンタルサービスとは、モバイルルーターを任意の期間でレンタルできるサービスのことです。

SoftbankのポケットWiFiやUQのWiMAXといった人気の端末を取り扱っているサービスも多く、レンタルと言ってもその品質はしっかりしています。

通常、WiFiレンタルを契約する際は以下の流れで進んでいきます。

  1. WEBサイトのフォームから希望端末・期間などを入力して予約
  2. WiFiルーターが届いたらパスワードを入力して利用開始
  3. 期間終了後は返却用封筒に端末を入れてポスト投函にて返却

WiFiレンタルサービスの多くはWEBサイト上で契約手続きを受けており、店舗まで出向くことなく自宅で申し込みを完了できるのが特徴。

また返却する際も最寄りのポストに投函するだけで済むため、忙しくて時間がとれないという方にもおすすめです。

更に、WiFiレンタルサービスの特徴として契約期間の縛りがないことが挙げられます。

携帯ショップでルーターを契約すると、2年または3年といった契約期間の縛りが発生し、期間中に解約した場合は違約金がかかるのが一般的です。

一方WiFiレンタルであれば、最短で1日から任意の期間だけモバイルルーターを使用することが可能。

テレワークの期間が数週間や数か月程度の場合は、短期利用ができるWiFiレンタルがおすすめです。

固定回線と比較した場合のメリット

テレワークのためにインターネット環境を整える方法として、まず浮かぶのが固定回線ではないでしょうか。

固定回線は有線でインターネット接続を行うため、通信速度が安定しやすいというメリットがあります。

しかし固定回線には、契約してから利用できるようになるまで時間がかかるといったデメリットも。

その他、固定回線のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
回線速度が速く、安定性も高い開通工事が必要
容量制限がかからない時期によっては工事までに1週間以上かかる
複数の端末を接続しても安定している利用範囲が自宅のみ
スマホとセットで割引が受けられるプランもある月額料金が高い(相場は4,000~6,000円程度)

テレワークの導入が進んだことで、新規契約はもちろん、すでに固定回線を引いている方が良い機会としてプロバイダの見直しを行うケースも増えています。

一方で、プロバイダや回線業者は感染対策の一環で業務を減らしているため、契約から工事までの期間が延びているのが現状。

テレワークの開始までにインターネット環境の整備が間に合わない可能性があるのです。

モバイルルーターのレンタルであれば、申し込みから数日で端末が送られてくるため、急きょテレワークに切り替わった場合でも安心!

工事する手間もかかりませんし、持ち運び可能で外出先でもインターネットを利用できます。

モバイルルーターのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
工事不要で申し込み後すぐ利用できる固定回線よりも速度が落ちる
持ち運びができる速度制限がある
月額料金が安い(相場は3,000~5,000円程度)エリアによっては対応していない

またカフェなどで使えるフリーWiFiはセキュリティ面のデメリットが大きく、テレワークでの利用には向きません。

在宅勤務時は固定回線を使い、リモートワークのときはフリーWiFiの利用で済まそうと考えている方は要注意。

モバイルルーターは自宅用としても十分使えるスペックなので、固定回線は契約せず、自宅内外ともにレンタルWiFiを利用するのもおすすめです。

テレワーク用のモバイルルーターの選び方

モバイルルーターには様々な種類があり、用途やシーンに合わせて適切なものを選ぶことが大切です。

続いて、テレワークにおすすめのモバイルルーター選びのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ルーター利用エリア

ポケットWiFiならSoftbank回線、WiMAXならWiMAX2+回線というように、モバイルルーターは端末によって対応している回線が異なります。

テレワーク用にWiFiレンタルを行う際は、取り扱っている端末が自宅周辺エリアに対応しているかどうかを確認しましょう。

WiMAXは国内の9割以上をカバーしており、基本的にはどこでも使えるルーターですが、山間部や一部の地域では圏外となる可能性も。

ポケットWiFiはWiMAXよりも対応エリアが広いため、WiMAXの対象地域から外れている場合はポケットWiFiの検討をおすすめします。

在宅勤務だけでなくリモートワークを行う予定がある場合は、利用するカフェやサテライトオフィスのエリアも確認しておくと安心です。

通信速度・容量

テレワークでWiFiレンタルを行う場合は、モバイルルーターの通信品質も重要なポイントです。

テレワーク中はメールやチャットだけでなく、ビデオ会議や作業に必要な資料のダウンロードなど、様々なシーンでインターネットを利用します。

これらの操作でストレスを感じないためにも、容量の大きい通信が必要になる場合は速度の速い端末を選ぶようにしましょう。

またモバイルルーターには、月々の容量が決まっているプランと無制限のプランがあります。

テレワークの割合が高く、WiFiの使用量も多いという場合はWiMAXなどの無制限端末がおすすめ。

一方、週に2日だけテレワークを行うなど、WiFiを使う時間が短い場合は容量制限の付いている端末の方が安い料金で利用できおすすめです。

レンタル期間

WiFiレンタルサービスでは、1日から任意の期間でレンタルできるタイプと、1ヶ月単位で契約を更新していくタイプの大きく2種類があります。

月額タイプの方が解約の自由度は下がりますが、1日あたりの料金が短期レンタルよりも安いというメリットも。

一時的なテレワークで数週間だけWiFiを使いたいという場合は、短期利用向けのWiFiレンタルサービスがおすすめです。

また長期的にテレワークを行うことが決まっている場合は、月額タイプのレンタルサービスを利用するとお得です。

それぞれのおすすめサービスについて、次の項目でご紹介していきます。

リモートワーク・在宅勤務に!おすすめWiFiレンタルサービス

最後に、テレワークにおすすめの短期向け・長期向けWiFiレンタルサービスをピックアップ。

料金や取り扱い端末をまとめているので、テレワーク用のWiFiをどこで借りようか迷っている方はぜひチェックしてみてください。

長期のテレワークにおすすめ【縛りなしWiFi】

縛りなしWiFiは、契約期間の縛りがない月額タイプのWiFiレンタルサービスです。

最低利用期間は1ヶ月となっており、以降はどのタイミングで解約しても違約金が発生することはありません。

縛りなしWiFiのプランごとの料金とデータ容量は以下の通りです

プラン通常プランライトプランWiMAXプラン
帯域制限無制限/月・2GB/日20GB/月無制限/月・10GB/3日
端末Softbank 801ZT/601HW/FS030WSoftbank 801ZT/601HW/FS030WSpeed Wi-Fi NEXT W06/W05/W04/WX05
月額3,300円(税抜)3,000円(税抜)4,300円(税抜)

※横スクロールで表全体が確認できます

この他、初回契約時に3,000円(税抜)の事務手数料がかかります。

縛りなしWiFiは大まかなプランのみで、端末を細かく指定することはできません。

とは言え短期レンタルよりもお得な料金でレンタルできるので、長期利用を予定している方は縛りなしWiFiがおすすめです。

短期のテレワークにおすすめ【Mobile Peace】

Mobile Peaceは最短1日からのレンタルが可能なWiFiレンタルサービスです。

ポケットWiFiやWiMAXの端末を豊富に取り扱っており、用途やシーンに合わせてぴったりの端末を選ぶことができます。

Mobile Peaceでの取り扱い端末と、1ヶ月以上レンタルした場合の利用料金は以下の通り。

Speed Wi-Fi NEXT W04Speed Wi-Fi NEXT W05Softbank 601HWSoftbank 801ZTSoftbank MF98NSoftbank E5383
帯域制限無制限/月・10GB/3日無制限/月・10GB/3日50GB/月60GB/月・2GB/日7GB/月無制限/月・3GB/3日
1日765円/日(税込)865円/日(税込)710円/日(税込)1,050円/日(税込)510円/日(税込)560円/日(税込)
7日650円/日(税込)750円/日(税込)610円/日(税込)413円/日(税込)435円/日(税込)480円/日(税込)
14日490円/日(税込)590円/日(税込)460円/日(税込)268円/日(税込)290円/日(税込)320円/日(税込)
30日290円/日(税込)390円/日(税込)275円/日(税込)180円/日(税込)170円/日(税込)180円/日(税込)
90日270円/日(税込)370円/日(税込)255円/日(税込)158円/日(税込)155円/日(税込)170円/日(税込)
180日255円/日(税込)355円/日(税込)235円/日(税込)141円/日(税込)135円/日(税込)150円/日(税込)

※横スクロールで表全体が確認できます

この他、法人向けの大口プランも用意しているので、テレワークを行う社員に対するルーターの貸与を予定している方にもおすすめです。

まとめ

✓チェック
  • テレワーク用にネット環境を整える場合は、持ち運び可能なモバイルルーターがおすすめ
  • レンタルなら通常契約よりも解約の自由度が高いため、利用期間の見通しが立ちにくいテレワークに便利
  • WiFiレンタルの際はテレワークの頻度や内容に応じて適切な端末を選ぶことが大切

モバイルルーターのレンタルは、リモートワークや在宅勤務と相性の良いおすすめのサービスです。

レンタル期間や端末ごとのスペックで比較し、自分の働き方に適したレンタルサービスを見つけてみてくださいね。


縛りなしWiFi公式ホームページ

mobile-peace 国内WiFiレンタル