【神奈川・横浜】WiFiレンタルの利用方法と人気サービス紹介

横浜エリアでおすすめのWiFiレンタルサービスを解説

関東版「住みたい街ランキング」で3年連続1位を獲得している横浜。

横浜エリアは繫華街のベッドタウンとして人気を集めており、商業施設なども多いことから、生活する人だけでなくビジネスや観光目的で訪れる人も多いです。

横浜のように多くの人が行き交うエリアでインターネットを利用する際は、WiFiレンタルなどを活用してモバイルルーターを持ち歩くのがおすすめです。

ここでは、横浜エリア滞在時にWiFiレンタルが役立つ理由と、WiFiレンタルのおすすめ活用シーンについて解説しています。

横浜市内への配送が可能な人気WiFiレンタルサービスも紹介しているので、横浜へのお出かけを予定している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

横浜エリアに対応しているモバイルルーターは?

横浜でモバイルルーターを利用する際は、滞在エリアに対応した機種を選ぶことが大切です。

まずは、横浜エリア対応のおすすめルーターについて詳しく見ていきましょう。

ポケットWiFi

ポケットWiFiはソフトバンク・ワイモバイル回線を利用したモバイルルーターです。

横浜をはじめ神奈川県内のほぼ全域をカバーしており、どこにいても快適にインターネット接続ができます。

横浜市営地下鉄の各駅にも対応しているので、地下鉄での移動の際も安心。

またソフトバンクのルーターは、高速通信ができるものやスペックを抑えて低価格にしているものなど、機種によって特徴が異なります。

利用シーンに合わせて最適な機種を選択できるのもソフトバンクルーターのメリットです。

WiMAX

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供するモバイルルーターで、携帯会社の回線とは異なる独自の回線「WiMAX2+回線」を主に対応しています。

こちらも横浜市内の9割以上をカバーしているため、観光地や飲食店などでインターネットがつながらないという心配はないでしょう。

またWiMAXは通信速度の速さが特徴で、最新機種「W06」では下り最大1.2Gbpsと固定回線並みの速度を実現しています。

WiFiレンタルサービスによっては、最新機種を利用できない場合もありますが、レンタル可能な一つ前の機種「W05」でも758Mbpsと非常に高速な通信が可能となっております。

快適に利用するためにも、横浜エリアの都市部での利用が中心となる場合は、ソフトバンクのポケットWiFiを利用するか、WiMAXのようなサービスを選ぶようにしましょう。

横浜滞在時はフリーWiFiよりモバイルルーターがオススメ

横浜エリアにはフリーWiFiを設置している店舗や施設が多く、ネット接続で困るシーンは少ないと言えます。

また横浜市交通局が提供する「Yokohama Transportation Free Wi-Fi」は横浜市営地下鉄や路線バスなどに対応しており、移動中のネット接続も可能。

そのためWiFiレンタルサービスは必要ないと感じる方も多いかもしれませんが、フリーWiFiは利用するうえでいくつかのデメリットがあります。

続いて、横浜滞在時にWiFiレンタルサービスを利用してルーターを持ち歩くことをオススメする理由について詳しく見ていきましょう。

人混みの中でも快適に通信が行える

フリーWiFiは誰でも無料で利用できるため、横浜のように多くの人が行き交うエリアでは、回線が混雑して繋がりにくくなる可能性があります。

WEBサイトの表示スピードが遅くなったり、メールの送受信でエラーが起きたりするとストレスになりますよね。

モバイルルーターを持ち歩いていればアクセスが集中する心配もなく、どこでも安定してネット接続を行うことが可能です。

更にフリーWiFiの場合、ログイン情報などを悪用されるリスクも持ち合わせています。

ショッピングやビジネスで利用する際は、セキュリティの高いモバイルルーターの利用がおすすめです。

実質無制限で高速通信を利用できる機種も

フリーWiFiは接続する度に認証操作が必要になったり、1日に接続できる回数が決まっていたりと、何かと不便な部分があります。

また前述したように、フリーWiFiは多くの人が同時にアクセスするため、大容量通信を行う場合に時間がかかるというデメリットも。

一方多くのWiFiレンタルサービスでは、1ヶ月の通信量が実質無制限となっている機種も取り扱っています。

直近の3日間で10GB以上使った場合に一時的な制限がかかるといった条件はあるものの、基本的には容量を気にせず自由にインターネットを楽しめます。

動画視聴やオンラインゲームなどを操作したい場合は、WiFiレンタルサービスを活用して無制限の端末をレンタルすると良いでしょう。

WiFiレンタルはこんなシーンで役立つ!

横浜エリアには、旅行やビジネスなど様々な目的を持った方が日々行き交っています。

では、WiFiレンタルサービスはどのような方に適したサービスなのでしょうか。

ここからは、横浜滞在時にWiFiレンタルサービスが役立つシーンについて紹介していきます。

旅行・出張・一時帰国などの短期利用

WiFiレンタルサービスの中には数日~1週間程度の短期契約が可能なものも多く、旅行や出張での一時利用に適しています。

また空港での受け取りを指定できるWiFiレンタルサービスなら、成田空港や羽田空港に到着した時点からWiFi環境でネット接続を行うことが可能です。

一時帰国などで海外製のスマホを日本国内で利用する場合は、空港受け取りが可能なWiFiレンタルサービスの活用がおすすめです。

※現在空港での受け取りを休止しているため、他の場所での受け取りをお願いいたします。

引越しや入院期間のつなぎ

短期利用ができるWiFiレンタルサービスは、引越しや入院期間のつなぎとしても役立ちます。

自宅だけでなく、横浜市内の病院へ直接配送してくれるWiFiレンタルサービスもあり、急な入院で準備ができていなかった場合でも安心です。

ルーター契約前のお試し利用

WiFiレンタルサービスでは利用者の多い人気機種を取り扱っているため、契約前のお試し利用にも向いています。

契約を検討している機種が横浜市内に対応しているか、また通信速度はどのぐらいかなど、使ってみないと分からない部分を試せるのがメリット。

横浜エリア在住の方や勤務地が横浜市内の方などは、普段使いのルーターを検討する際にWiFiレンタルを利用してみることをおすすめします。

テレワークなどビジネスでの利用

昨今の働き方改革や新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、リモートワークや在宅勤務を導入する企業が増えています。

これに伴い、法人向けの大口プランを提供するWiFiレンタルサービスも急増。

契約数に応じた割引が受けられるケースもあるので、会社でルーターの導入を検討している場合はWiFiレンタルサービスも視野にいれてみてはいかがでしょうか。

横浜での利用におすすめ!人気WiFiレンタル比較

WiFiレンタルサービスを利用する際は、料金やサービス内容などを比較して自分に合うものを選ぶことが重要です。

横浜市内への宅配が可能な人気WiFiレンタルサービスについて、特徴や料金プランをチェックしてみましょう。

Mobile Peace

Mobile Peaceは旅行や出張などの一時利用におすすめのWiFiレンタルサービスです。

空港・ホテル・病院など自宅以外の場所への配送にも対応しており、空港経由で横浜へ移動する場合に便利。

また東京・福岡・北海道には店舗もあるため、場所によっては移動前に手続きを済ませることも可能です。

Mobile Peaceでの取り扱い端末と利用料金は以下の通りとなっています。

Speed Wi-Fi NEXT W04Speed Wi-Fi NEXT W05Softbank 601HWSoftbank 801ZTSoftbank MF98NSoftbank E5383
帯域制限無制限/月・10GB/3日無制限/月・10GB/3日50GB/月60GB/月・2GB/日7GB/月無制限/月・3GB/3日
1日765円/日(税込)865円/日(税込)710円/日(税込)1,050円/日(税込)510円/日(税込)560円/日(税込)
7日650円/日(税込)750円/日(税込)610円/日(税込)413円/日(税込)435円/日(税込)480円/日(税込)
14日490円/日(税込)590円/日(税込)460円/日(税込)268円/日(税込)290円/日(税込)320円/日(税込)
30日290円/日(税込)390円/日(税込)275円/日(税込)180円/日(税込)170円/日(税込)180円/日(税込)
90日270円/日(税込)370円/日(税込)255円/日(税込)158円/日(税込)155円/日(税込)170円/日(税込)
180日255円/日(税込)355円/日(税込)235円/日(税込)141円/日(税込)135円/日(税込)150円/日(税込)

この他送料として1,000円(税抜)がかかりますが、基本的にはルーター代金のみというシンプルな料金設定がMobile Peaceの特徴です。

またMobile Peaceは平日14時までの注文で即日発送を行ってくれるため、横浜市内であれば最短翌日受取ができるのも嬉しいポイント。

突然の出張などで急ぎの場合にも安心です。

縛りなしWiFi

縛りなしWiFiは数ヶ月単位の長期レンタルに適したWiFiレンタルサービスです。

月々払いの定額制プランとなっており、WiMAXなどの高速通信が可能な機種も取り扱っているため、固定回線の代わりとしてもおすすめ。

自宅よりも外でネット接続を行うことが多い場合は、WiFiレンタルサービスの利用も検討してみてください。

縛りなしWiFiのプランごとの料金とデータ容量は以下の通りです。

プラン通常プランライトプランWiMAXプラン
帯域制限無制限/月・2GB/日20GB/月無制限/月・10GB/3日
端末Softbank 801ZT/601HW/FS030WSoftbank 801ZT/601HW/FS030WSpeed Wi-Fi NEXT W06/W05/W04/WX05
月額3,300円(税抜)3,000円(税抜)4,300円(税抜)

この他、初回契約時に3,000円(税抜)の事務手数料がかかります。

縛りなしWiFiは契約期間の縛りがないというのが大きな特徴ですが、一方で3年間の期間縛りを設けた「縛っちゃうプラン」もあります。

プラン無制限プラン通常プランライトプランWiMAXプラン
帯域制限無制限無制限/月・2GB/日20GB/月無制限/月・10GB/3日
端末Softbank 801ZTSoftbank 601HWSoftbank 801ZTSpeed Wi-Fi NEXT W06/W05/W04/WX05
月額3,480円(税抜)2,800円(税抜)2,600円(税抜)3,600円(税抜)

縛っちゃうプランでは、初回契約時に3,000円(税抜)の事務手数料がかかる他、更新月以外で解約した場合は解約料金がかかる点に注意しましょう。

WiFiレンタルサービス利用の流れと注意点

WiFiレンタルサービスは店舗を持っていないことが多く、インターネットから申し込みを行うのが一般的。

最後に、WiFiレンタルサービスの利用手順と注意点について確認しておきましょう。

申し込みから返却までの手続き

WiFiレンタルサービスの基本的な利用方法は以下の通り。

  1. WEBサイトのフォームから希望端末・期間などを入力して予約
  2. ルーターが届いたらパスワードを入力して利用開始
  3. 期間終了後は返却用封筒に端末を入れてポスト投函にて返却

WiFiレンタルを利用したあとはポスト投函で端末を返却できるケースが多いので、わざわざ店頭まで出向く必要が無いのもメリットです。

また利用期間の延長などもWEBサイトから手続きできます。

到着までに2日~3日かかる点に注意

WiFiレンタルを利用する際の注意点としては、申し込みからルーターの受け取りまでに数日かかるケースがあるという点です。

横浜市内であれば申し込みの翌日中までに受け取りができるケースが多いですが、サービスの種類や天候によっては2日以上かかる可能性も。

即日配送のサービスを利用する場合でも、なるべく4日以上の余裕を持って申し込みを行うと安心です。

まとめ

✓チェック
  • 横浜はフリーWiFiの環境が充実したエリアである一方で、悪用や混線のリスクも大きい
  • 横浜でWiFiレンタルを利用する場合はソフトバンクのポケットWiFiまたはWiMAXを選ぶのがおすすめ
  • WiFiレンタルサービスは料金・サービス内容をしっかり比較して選ぶことが大切

Mobile Peaceと縛りなしWiFiでは、法人向けプランの提供も行っています。

横浜市内でテレワーク導入を検討している企業の方も、この機会にぜひチェックしてみてくださいね。

横浜でWiFiレンタルを利用するなら、モバイルWiFiルーターの用途や契約期間を考慮し、最適なサービスを選びましょう。

mobile-peace 国内WiFiレンタル


縛りなしWiFi公式ホームページ