ポケットWiFiの通信速度が遅い時の原因と対処方法まとめ!

モバイルワイファイ速度遅い時の解決方法

auや、ドコモ、ドフとバンクなどの大手キャリアをはじめとして、スマホを利用する方の中には、月末になると訪れる通信速度制限の通知が届いてしまう方も多いのではないでしょうか。

動画サイトなどを日課として楽しんでいる方にとっては、通信速度が一気に遅い状態になるので嬉しいものではありませんよね。

そして、そういった方の中には通信速度制限から逃れるべく、ポケットWiFiを契約された方も多くいらっしゃるでしょう。

しかし、せっかく契約したポケットWiFiが何らかの原因で遅い状態になってしまうと意味がありません。

単なる通信エラーだと思い、遅いことをそのままにしてしまうとのちにポケットWiFiが必要になった時に使うことができないこともあります。

そんなポケットWiFiが遅くなってしまうという悩みには、実は明確な原因と対処方法があることを皆さんはご存知でしたか?

今回はそんなポケットWiFiの遅い悩みを解決すべく、なぜポケットWiFiが遅くなってしまうのかの原因とその解決方法をご紹介いたします。

現在ポケットWiFiが遅いことをお悩みとしている方は是非ともご参照ください。

まずは原因究明!使ってすぐにポケットWiFiが遅い原因は?


昨今、ノートパソコンやスマートフォン、タブレットの発展が著しいことや、コロナウイルスによるテレワークの普及でオフィスや自宅だけでなく出先のカフェやレストランなどで仕事や趣味の動画鑑賞を行っているという方は少なくありません。

WiFi設備が整っていない場所でもインターネットにつなげるようにするためにポケットWiFiを持参しているかたも多いですが、ポケットWiFiを使っているうちに急に速度が遅くなったという不具合を経験したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ポケットWiFiが急に遅い状態になるとインターネットに接続しづらくなるため、せっかく集中していた仕事が進まなかったり途中まで楽しんでいた動画が止まってしまったりと時間が非常にもったいないです。

ポケットWiFiが遅い理由は様々ですが、主に4つに分類できます。

  • 初期不良で電波が繋がらず遅い
  • ポケットWiFiの設定が間違っていて遅い
  • ポケットWiFiが使えるエリアから離れているため遅い
  • 接続しているパソコンやスマートフォン側に問題がある

以上のような理由が主にポケットWiFiが遅い理由になります。

それでは次項ではこのような原因を解決するための方法をご紹介いたしますので確認していきましょう。

ポケットWiFiが急に遅くなった原因と対処方法


今までポケットWiFiを使って遅いと感じたことはなかったのに、突然遅い状態になってしまった場合の対処方法について紹介します。

まずポケットWiFiが遅いと感じた際には、とりあえず電源を入れなおしてみましょう!

ポケットWiFiはスマートフォンやノートパソコンと同じく精密機器のため、カバンの中で生じた少しの衝撃で通信が遅い状態になる可能性があります。

電源を入れ直しても特に変わらないという場合は、以下の原因に当てはまるかを確認してください。

ポケットWiFiの設定が省電力モードの遅い状態になっている

ポケットWiFiの機種によっては「省電力モード」が搭載されている機種があり、電池の消費を減らすために電波の制限を行っている可能性があります。

またキャリアによっては「3日間で10GBまで」「月間7GBまで」でといった通信制限がかかる条件があるため、その条件に抵触していないかも確認してみましょう。

通信制限にかかってしまっていると、通信制限の規程がされている期間は非常に遅い速度となり、ほとんど利用できない状態になります。

契約の際に、無制限プランを契約した場合でも一定期間で利用できる通信容量に制限がある場合があるのでご注意ください。

制限がかかると、基本的に夜の時間帯に通信速度を制限されることになります。

ポケットWiFiが使えるエリアから離れているため遅い

ポケットWiFiはどこでも快適な速度で通信ができるわけではありません。

基本的にWiMAXやポケットWiFiではそれぞれ対応しているエリアが決まっているため、山間部や田舎などエリアから離れていると電波の受信状況が良くないことがあります。

またWiMAX機種では新回線の「WiMAX2+」と旧回線の「WiMAX」の2種類があるため、旧回線に繋がっている状態だと新回線に比べて通信速度がガクッと落ちてしまうことも。

とはいえ、現在はほとんどのWiMAX回線が安定した通信速度の出る新回線に切り替わってきているため、WiMAX回線が原因のことは減ってきているようです。

万が一、WiMAX回線に原因がありそうな場合はUQWiMAXの公式サイトで通信エリアの確認ができますので、ご自身のエリアが新回線に対応しているかどうかご確認いただくと良いでしょう。

接続しているパソコンやスマートフォン側に問題があり速度が遅い

ポケットWiFiの接続側であるパソコンやスマートフォンの機種や設定によっても通信が遅い状態になる可能性があります。

例えば接続しているスマホやPCの機種が古かったり、物理的な故障をしていたり、ポケットWiFiと同じく省電力モードになっていたりすると通信状態が遅いことにつながります。

auやドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアのスマホでも同様のことが発生することはありますので、万が一の場合にはご確認いただくことをおすすめいたします。

遅い時は場所を変えてみよう!電波干渉や設定のアレコレ


ポケットWiFiの速度は周囲の環境によっても大きく変わるため、場所を変えるだけでポケットWiFiの通信速度が上がるケースがあります。

例えば繁華街の中や大勢の人がいるカフェの中などでは多くの電波が飛んでいるため電波が混線し、ポケットWiFiの通信速度が遅い状態になりやすいです。

一方で、人通りの少ないビジネス街では速度が速くなるという可能性も十分にあります。

また、ポケットWiFiの電波自体が障害物に弱いこともあり、布にくるまれているせいで遅い、周りにものが多くて遅いという不具合も考えられるため、通信が遅いと感じたら座席を窓際に移動したり周りから物を減らしたりして対策を取ってみましょう。

それ以外にも、端末によってはWiFiの電波帯を変更することで対策できることもあります。

WiFiの電波帯には2.4GHz帯と5.0GHz帯があり、それぞれ

2.4GHz:障害物があっても遠くに届きやすいが電波が弱く通信が遅い
5.0GHz:障害物に弱いが高速通信が可能

という特徴があるため、ポケットWiFiやスマートフォンが5.0GHzに対応している場合はそちらの電波帯を試してみましょう。

ポケットWiFiが受発信する電波は通常のWiFiルーターに比べて強くないため、遅いと感じた場合には周囲の環境を変えることで改善させるかもしれませんのでぜひ試してみてください。

ただし、ポケットWiFiの老朽化に伴って通信が遅いという可能性もありえますので、対策を取っても遅いと感じた場合は乗り換えを検討してみましょう。

次項では乗り換え前に色々なポケットWiFiを試すことができるレンタルサービス『MobilePeace』について紹介していきます。

まずはお試ししてみよう!乗り換え前にも安心WiFiレンタル


いま使っているポケットWiFiが遅いと感じたので機種変更したいと考えても、結局どのポケットWiFiだと遅いと感じないのかが分かりづらいですよね。

そこでまずは人気のポケットWiFiを低価格でレンタルできる『MobilePeace』の利用を検討してみてください!

MobilePeaceのポケットWiFiレンタルサービスでは現行最新機種であるSpeed Wi-Fi NEXT W05をはじめ、ソフトバンクのWiFiルーターなど全5種類のWiFiの中から自分に合った機種をレンタルすることができます。

1日だけの短期レンタルでも利用可能で、長期利用であれば1日130円という非常に低価格でポケットWiFiを試用可能です。

MobilePeaceはレンタルサービスのため、機種を使っているうちに自分のよく使うエリアでは遅いと感じたのであればすぐに機種変更が可能ですし、せっかく端末を購入したのに遅い状態が続いて使い物にならないといったトラブルに巻き込まれることもありません。

  • 遅いポケットWiFiから乗り換えたいので、色々な機種を試してみたい
  • 新しくポケットWiFiを購入したいけど、遅い機種は選びたくない
  • 旅行や入院など短期の利用目的でレンタルしたい

と考えている方にはMobilePeaceのレンタルサービスが適しています。

遅いポケットWiFiはストレスがたまり作業効率が落ちてしまうため、自分の使っているポケットWiFiが急に遅い状態になった時は、対策方法の確認と人気機種のレンタルを検討してみてください。