レンタルのに・・WiMAXがエリア内で繋がらない場合の対処法

通信不良がワイマックスに起きた場合にやるべきこと

最短1日から必要な期間だけ利用できるWiMAXレンタルサービス。旅行や出張のときだけでなく自宅で長期的に利用する場合も手軽に手続きできると評判です。

しかし、せっかくレンタルしたにもかかわらず場所が原因で通信がうまくできないと困ってしまいますよね。

そこで今回は提供エリア内にもかかわらずWiMAXが繋がらない場合の対処方法を解説していきます。

この記事で紹介している方法を順に実行してもらえれば必ず対処できるようになっているので、ぜひ参考にしてください。

それでは確認してみましょう!

本当にWiMAXが繋がらない?周辺機器のチェックから

エリア内にもかかわらずWiMAXが繋がらない場合に、WiMAX自体を疑ってしまいがちですが、まずは利用している周辺機器からチェックしてみましょう。

最初にスマートフォンやPCなどの使用する機器の電波マークが無線接続になっているかどうかを確認します。

無線接続の電波マークが表示されているにも関わらず、通信できない場合は接続しようとしているWEBページやアプリ側の問題の可能性があります。

その場合はほかのWEBページやアプリを確認してみてください。もしWEBページやアプリ側の問題の場合、こちらでは対処できないので復旧されるのを待つしかありません。

どのページやアプリとも通信できない時は次の「WiMAXを再起動!繋がらない場合の通信モードにも注意」以降を試してみたください。

無線接続の電波マークが表示されていない場合は、スマートフォンやPCが無線接続の設定になっていないという可能性があります。

無線接続の設定になっていても、利用したことのない端末の場合は繋がらないこともあるので、初めて利用するWiMAX端末の場合は特に注意が必要です。

もう一度、SSIDとパスワードを入力してみて、WiMAXが繋がらないのかどうかを確認することが大切です。

それでも繋がらない場合は、使用する機器を再起動してみましょう。

再起動しても繋がらない場合は次の方法を試してみてください。

WiMAXを再起動!繋がらない場合の通信モードにも注意

使用機器側の問題でなかった場合、WiMAXの繋がらない理由は端末に異常がある可能性が高いです。

そんな時はまずWiMAX端末を再起動させてみましょう。

再起動が完了したら、もう一度スマートフォンやPCなど使用する機器側で再設定すれば繋がらないことが解消される場合が多くあります。 それでも繋がらない場合は、電波の帯域の変更をしてみましょう。

WiMAXでは「2.4GHz」「5GHz」の2種類の電波帯域を選べるので自分の環境にあった帯域を選びましょう。

それぞれのWiMAXの特徴は以下の通りです。

2.4GHzの特徴

電波が届く距離が長いので、障害物が多い場所でも回り込んで通信することができます。

そのため比較的電波は通りやすくなっていますが電波の強度は低く速度は出にくいというデメリットもあり、ほかの電波にも干渉されやすいので通信が繋がらないようになりがちです。

基本的にWiMAX端末の初期設定ではこちらの帯域に設定されていることが多くあるため繋がらない場合は参考にしてみてください。

5GHzの特徴

こちらの帯域は2.4GHzとは反対にほかの電波に干渉されにくい強い電波が利用できますが、届く距離は短く繋がらないことが稀にあります。

なので2.4GHzと比べると通信速度は速くなりますが、障害物の影響を受けやすくなります。

WiMAX側が十分に電波を拾えている環境で使用機器とWiMAX端末の距離も近い場合は、こちらの帯域への変更がおすすめです。

WiMAX端末の再起動や帯域を変更してもうまく繋がらない場合は次の項を参考にしてみてください。

こんな場所で使っていませんか?通信障害を避けよう

ここまでで、まだWiMAXの電波が繋がらない場合はWiMAXを利用する場所を変えてみましょう。

WiMAXは同じ建物の中であっても、場所によって電波が繋がらない・繋がりにくいポイントは出てきてしまいます。 屋内で比較的電波の繋がりやすい場所は以下の通りです。

・窓など開口部の近く
・金属製品や鉄筋、鉄骨から離れている場所
・電子レンジなどの電波を使う機器から離れている場所

それぞれWiMAXの繋がらない・繋がりにくい場所について詳しくみてみましょう。

窓など開口部の近く

外から飛んでくる電波を捕まえるには、外に近い部分の方が効率的です。

さらに、木材やガラスなどの電気を通しにくい素材は電波を通しやすい性質があるので、WiMAXが繋がらないことが多い場合はガラスでできた窓などの近くに端末を設置すると通信が安定しやすくなります。

金属製品や鉄筋、鉄骨から離れている場所

先ほどとは反対に、電気を通しやすい金属は電波を反射する性質があるので金属に囲まれた場所ではWiMAXの電波が繋がらないことが多くあります。

近年の住宅に多い鉄筋コンクリートや鉄骨の建物の中では電波が繋がらないことが多いので注意してください。

電子レンジなどの電磁波を使う機器から離れている場所

日常で生活していると様々な電波を利用していますが、それらは違いに干渉しやすい性質を持っています。

ですので電波が繋がらない場合はWiMAXなどの通信端末は電波を発する機器からは離して使いましょう。

家庭では電子レンジが特に強い電磁波を発生させるので、その近くにはWiMAXを設置しないことで繋がらない状態を改善できることでしょう。

【長期レンタル向け】家で使うなら!パラボラアンテナで解決しよう!

家でWiMAXを長期利用するなら、アンテナの自作も効果的です。アンテナの自作というと業者レベルの技術が必要かと思われがちですが作り方は簡単。

繋がらない・繋がりにくい場合は調理用の金属性ボウルなどを窓際に設置し、真ん中にWiMAX端末を設置すればパラボラアンテナのような働きによって繋がらない・繋がりにくい通信環境の改善ができます。

もしご自宅に金属製のボウルがない場合でもプラスチック製のボウルの表面にアルミホイルを巻き付けることで同じような効果が期待できます。

WiMAX端末が繋がらない・繋がりにくい場合はWiMAXの修理業者に頼んでしまう前にこの方法を実践することで後々不必要だった料金を払うことがなくなり、繋がらないトラブル解決にもつながりますのでぜひ参考にしてください。

どうしても繋がらない!別の端末を借りるなら・・・

ここまでの方法を何度試しても、どうしてもWiMAXが繋がらない場合はレンタルの契約をキャンセルすることもできます。

ただし、端末の故障以外は返金はされないことがほとんどなので注意してください。

通信環境が心配な場合は最短の1日限定でレンタルして繋がるかどうかを確認しておきましょう。

いかがでしたか?
今回はWiMAXが繋がらない場合の対処方法を解説しました。 新しくWiMAXをレンタルしてこのような状況に陥ってしまうと深く落胆してしまうことでしょう。そんな時でもこの記事を参考に、レンタルしたWiMAXが繋がらない場合も落ち着いて対処してもらえると幸いです。