WiMAXが圏外に?すぐに解決したい3つのチェック方法とは?

エリア外のときに対処するワイマックスの設定方法を紹介

皆さんのWiMAXは時々通信がし辛くなることや、圏外になってしまうことはありませんか?

実はWiMAXは通信エリアから少し離れてしまうだけですぐに圏外になったり、家の中でも通信状況が急に悪くなることが多々あります。

しかし、このような事例はWiMAXの少しの知識と圏外になるエリアを避けるだけで使っている途中に圏外になったり通信状況が悪くなった際にもすぐに対応することができることを皆さんはご存知でしたか?

今回はそんなWiMAXの悪くなった通信状況をすぐに改善する方法と圏外の際の対処方法についてご紹介していきたいとおもいます!

WiMAXの利用にまだ慣れていない方にも必見です!

本当は圏外じゃない?WiMAXですぐにできる解決方法


普段WiMAXを使用していると、時々利用可能領域内にいるのにも関わらず、圏外と表示されてしまうことはありませんか?

確かにWiMAXは山岳部や海沿いの地域では圏外と表示されることがありますが、都市部で使っていても圏外になってしまうことも。

そんな時はWiMAXを再起動させてみましょう!

そもそもWiMAXが圏外になりやすい理由は
・屋内などで使うことによる場所の問題
・他の電波と干渉して圏外になる
・サービスエリア外

の3つです。

これらに共通するのは「一時的に電波が届かなくなると再接続するのが難しい」ということ。

WiMAXは一度接続されている通信が遮断されるとのちに電波に接続しにくくなってしまうのです。

そのため、WiMAXが圏外になったり繋がりにくかったりした時には一度WiMAX端末自体の電源を切り、再起動させることにより通常通りWiMAX端末を利用することができます。

主にWiMAXが圏外になってしまう理由は先述した3つのものになりますが、全ての原因に再起動させれば解決するということではなく、それぞれの原因が深刻で圏外になってしまった場合には原因別の対象方法を実践してみる必要があります。

次項ではそれぞれの原因別の対処方法について解説していきますので、WiMAXの通信に不具合が生じてしまうかたは是非参考にしてみてくださいね!

意外と起こる電波干渉の解消法とは?


本項では主に電波干渉によりWiMAX端末が圏外や使いにくくなってしまっている場合の対処方法についてご紹介していきます。

その前に、電波干渉によりWiMAXが圏外になってしまっている方にどのような原因があるのでしょうか?

電波干渉により圏外になっている方の一番多いケースは、大きく分けて二つ、「基地局からWiMAXルーターまで」と「WiMAXルーターから接続端末まで」になります。

「基地局からWiMAXルーターまで」の間では立地の問題などでどうしようも無いことがありますが、「WiMAXルーターから接続端末まで」の間では電波干渉が原因で通信の問題が発生していることがあります。

意外にも家には、テレビ回線をはじめとして電子レンジなど、驚くほど多くの電波が飛び交っており、その電波はWiMAXに影響を及ぼすには十分な要因になり得ます。

そのため家でWiMAXを使っていて圏外と表示されたり、WiMAX端末の繋がりにくさを感じてしまった場合はまず電波干渉を疑ってみてください。

それでは電波干渉により圏外と表示されてしまう場合の対応策はどのようなものなのか。

家でWiMAXが圏外になってしまう場合はWiMAX端末の置く場所を変えてみてください!
そこで注意して欲しいのは置く時のポイント。

WiMAXを家で使うには「窓際・高い場所・端末を何かで覆わない」の3つの鉄則を守ってください。

圏外になっている場合は以外にも多くのパターンでこの三つが守られていないことが多く、圏外が続いてしまうことで最悪のケースではそのまま契約を打ち切ってしまうことも。

これらの三つの要素をクリアにしていくことで圏外になってしまう要因をひとつひとつ除外していくことができます。

別チャンネルを使って見よう!同じ置き場所で圏外でなくなる?


先ほどご紹介したWiMAXルーターの置き場所を変えることで電波の改善を図る方法ですが、お家の状況からWiMAXの置き場所を変えることができないということがあるかもしれません。

そんな時はWiMAXの通信帯域を変更してみることで、同じ置き場所であっても通信を改善することが可能になります。

WiMAXには「2.4GHz」と「5GHz」の二つの通信帯域があり、この通信帯域はそれぞれの電波に特徴があります。

「2.4GHz」の電波は曲がりやすい電波として障害物の多い場所でも通信を可能にすることができます。

そのためビルや山の合間にある家などで圏外と表示されているところでは2.4GHzの電波にしておくことで圏外から改善されることが多くあります。

それでも圏外と表示される場合は5GHzの電波帯を使用してみてください。

主にWiMAXは初期設定の段階では2.4GHzの電波を利用しており、2.4GHzの電波は他の電波に干渉を受けやすくなっています。

そのため他の電波に干渉を受けにくい5GHzの電波を利用することで圏外を解消することが出来ることでしょう。

このように周辺状況に応じてWiMAXの通信帯域を変更することで圏外を解消することができますので、通信帯域を変更してWiMAXの圏外を解消してみてくださいね。

エリア内か不安!まずはWiMAXを使ってから契約しよう!


そんな場所によって圏外になったり通信状況の変化が激しいWiMAXですが、やはり利用エリアが圏外の場合や通信状況が悪い場所の場合はどうしようもありません。

実際にWiMAXを利用する前に圏外かどうかのエリアの確認を怠ったために、契約をしてから圏外だと気づき高額な解約金を支払うことになった例もあるほど。

そのため、WiMAXの契約を考えている方は一度、WiMAXをレンタルできるWiMAXレンタルサービスの「Mobile-Peace」の利用をおすすめします!

1日から利用ができる大容量の定額プランだから安心!

レンタルWiMAXのMobile-Peaceでは一日一律980円の定額でWiMAXを利用することができます。

加えて日数のプラン設計がなく、1日からポケットWiFiの利用日数を指定することができるため自分に合ったレンタルWiFiプランを作ることも可能。

さらに、1日500MBの大容量でWiMAXを利用することができるため、圏外かどうかの確認はもちろん通信の使いやすさなどの使い勝手を思う存分確かめてみることができます。

WiMAXが圏外かどうかを確かめるためにも一度、レンタルをして通信状況を確認しみてくださいね!

【番外編】エリアチェック方法!


WiMAXを利用したくても周辺状況やエリアからどうしても圏外になってしまうことがあるWiMAX。

そんなWiMAXですが、自分のいるエリアが圏外かどうかがわからないまま契約はなかなかできるものではありませんよね。

そんなWiMAXですが実際にWiMAXが使えるか、圏外になってしまわないかを確認するがあることをご存知でしたか?

WiMAXを運営しているUQコミニケーションの公式ホームページでは、あなたがお使いのエリアで圏外にならずに端末が使うことができるか、端末を契約後に主に使いたいエリアで通信ができるかどうかを確かめることができます!

確認方法は主にマップ形式で表示されるため、自分が住んでいるエリアが圏外か使うことができるエリアかを確認することもできますし、いきたい場所などで利用できるかどうかを検索するピンポイント検索などでも利用可能地域を検索できるため、便利にエリアを検索することが可能!

いかがでしたでしょうか?

今回はWiMAXを利用するにあっての通信状況の三つのチェック方法と圏外の時の対策方法についてご紹介しました!

WiMAXをお使いの方は今回ご紹介した体側方法を是非実践してみてくださいね!

国内WiFiレンタル